注)記事の日付は太陰暦を用いております

2004年06月24日

タバコの中身

皐月七日 晴れ時々曇り(蒸し暑さ大)
 34度を記録する暑さを言い訳に、昼から少し調べものをしていた。それはタバコの四方山話についてである。今日みたいにだらりとした時間を過ごすとき、ふとタバコを吸いたくなることがある。普段はほとんど喫煙はしない。
 そこで、前から気になっていたタバコの功罪の事実に迫ってみたくなったのだ。で、結論としては、私には功罪の判断は無理ということ。だけど色々わかって面白かった。そして、私の心に引っ掛ったタバコの最大の新事実、「添加物」については書き留めずにはいられなかった。

>>続きはこちら


posted by 学 at 17:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 食の喜び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。