注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年05月14日

5月病

卯月七日 曇り時々晴れ

 順調と思われた苗床だが、気を許して少し足を遠のけていたら見事にやられた。スズメの襲来である。ネットの上に乗ってだろう、被せた稲藁がまばらに寄せられており、そこには食い散らかしたあとの籾殻が散乱していた。毎度おなじみの光景でもある。
 悔しさと儚さと人間の本性のような残忍な怒りが胸に訪れるのを確かめながら、再度苗床へ種籾を落とした。この時期では播き時としてはだいぶ遅いだろうと考え、前日から種籾を水に漬けて発芽を若干促しておいて撒くことにした。
 前回と同じ作業を繰り返しているせいか、他のせいかは知らぬが、作業への集中力がどうも欠けがちとなる。作業しては休み、部屋に戻り、甘味をとり、また作業へ戻る。作業中でも同様に注意力が散漫となり、手順を違えたりくだらぬ失敗も繰り返した。もしや5月病か?  ひと段落終えて、いよいよ同じ過ちを繰り返さないように十分に考えてネットを張り始める。スズメが乗っても苗床につかないように高く、見た目にも嫌がるように二段重ねにし、いざ勝負。これで負ければ今年の米作りにいよいよ暗雲がかかってくる。負けらんねー。

 と、心身ともに疲れ果てて畑に移動すると、出穂した麦に花が咲いていた。米と同じように、小さい小さい花。誰にもわからないように、緑の穂に小さく白く。初めての麦作りは、まずまずうまくいきそうである。

posted by 学 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(2) | 田の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする