注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年06月24日

強制連行

皐月十八日 晴れ/昼

 先日の予告どおり、丸ヶ崎自然農の会に苗を無心に出かけた。イセヒカリをほぼ一畝分以上と、赤米少々に、他言無用の「○○モチ」少々。スーパーで仕入れた発泡スチロールの空き箱に移し運び、拉致して車に連れ込む。明日から早速江南の土に。親元から引き剥がした彼ら彼女らは果たして根付くのか。即席の苗箱に一見不安そうにたたずむ姿は太く、長く、たくましく成長している。畑状の苗床にて過度の肥料と水に甘えることなくしっかりと伸ばした根は、自然農ならでは。今年の苗は今まで一番の出来だとか。ゆったりと年月を重ねて満ちる自然農の喜びは、こんなところにも顔をのぞかせる。

 050624naebako

>将軍様はじめ丸ヶ崎の皆様、とにもかくにもご提供感謝いたします。


posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学びを知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日課へ

皐月十八日 曇り/早朝

 網戸から漏れ入る、湿気に濡れた朝の空気で目を覚ます。夏至を越えた朝は尚早く、おぼろげに明るい窓の向こうが眩しい。不快指数が膨れ上がった昨晩も、朝を迎えればまたこうして涼しさが訪れる。
 ベランダからのぞく田んぼの水位が気になり寝ぼけ眼をこする。雑草がぐわんと茂る田植えの進んでいない田んぼが、一面水かさが増している。初めての一人の田んぼは、水位の確保にすら一喜一憂となる。

 これからも朝の日課になりそうな、ベランダからの景色。

 050624tambo
posted by 学 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 田の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。