注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年09月11日

たわしを選ぶ

葉月八日  晴れのち雨

 期日前投票を済ませていたために、のんびりとした一日を過ごした。まだまだ辛さが残る暑さのピークを過ぎてからやり残している草刈りをしようと思っていると、黒い雲が忍び寄ってきて午後の雨を落とし始める。どうもうまいこといかない。

 部屋の掃除と共に買い物に出かけ、水周りの日用品を買い足した。そこで初めて手にしたのは、亀の子束子(かめのこたわし)である。明治40年の発明、天然ヤシ素材、MADE IN JAPAN(注:原料のヤシ繊維はスリランカ産)、ついつい応援したくなる。

 050911tawashi


 4年が過ぎた同時多発テロも、衆議院選挙も、社会の行く先は知れず。多数派だとか少数派だとかを気にする問題ではない。イラク侵攻は正しいとは思えないし、郵政民営化は現法案では不安が残る。

 世の中はそんなに悪くはなるまい。自分次第じゃ。


 亀の子束子、ほんのりシャボンの匂いがする。石油繊維スポンジではこうはいかない。

posted by 学 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする