注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年10月11日

空中発芽

長月九日 曇り 

 重陽の節句のこの日、特に何もせず、淡々と収穫作業を進めた。友人にも手伝ってもらい、サツマイモの様子を探り、秋トマト(そんな言葉はないが)を頬張り、高キビをようやく刈り採った。その高キビに、ここ数日の秋雨の湿気の影響だろうか予想だにしていなかった事態が起こっていた。なんと収穫前の穂の粒から、空中で発芽していたのが見つかったのである。もう少し枯れはじめてからの収穫を想定していた、インチキ百姓の怠惰への罰なのだろうか、見た瞬間に汗が引いた。こりゃあせっかくの初収穫がおしゃかになっては困る。急遽、作業の予定を変更し収穫の手順に頭をひねった。

 高キビは予想以上に脱穀しやすいようで、手荒にするとポロポロと実を落としやすい。そのため落とさぬように穂をまとめて新聞紙にくるみ、アパートの軒下に持ち運び、コンクリートの上で乾燥前の作業をすることにした。

 051011takakibi

 高キビは、黄緑の茎や葉に鮮血を浴びたような赤い模様が目に鮮やかであるが、その赤の色素はしっかりと実にも移っている。収穫量はしれたものなので、軒下で葉を取り数束にまとめ、ベランダの物干し竿に吊るすことに。もちろんその束には発芽してしまったものもあり、中には空中でカビが生えてしまったものまである始末。これからのベランダ干しで、他の実は無事に乾いてくれればよいのだが。秋の湿気は馬鹿には出来ぬと、また学びを深めた日。
posted by 学 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする