注)記事の日付は太陰暦を用いております

2006年06月01日

晴天にて

皐月六日 晴れ

 ジリジリとよく晴れて、畑がにわかに元気づいてきた。日照不足を取り戻すかのようなここ数日の晴天と熱気は、待ち焦がれていた野菜たちの反応に素直に現れる。雑草の間から、発芽のラッシュが訪れている。(ちょっと遅めですがね♪)

 060601satoimo
 おーいGWの訪問者ども!みんなの手伝ってくれた里芋だぞ〜。


 さて、苗代への心配が一段落つき、少しだけ遅れてしまっていた雑穀の種蒔きを一気に進める。自分の興味関心の他に、知人のパン屋さんからのリクエストで試しにトライしてみるモノもある。荒れ地でも比較的栽培しやすいといわれる雑穀を、畑の東側のエリアに集中させて畝を作り、ようやく蒔きはじめることができた。秋の収穫はずいぶん先だが、うまく育ってパンに使ってもらったら、そりゃあ格別にうまいんだべなあ。



posted by 学 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。