注)記事の日付は太陰暦を用いております

2006年06月08日

竜神様きたる

皐月十三日 曇り時々雨

 日本列島に梅雨入りの知らせが聞こえ始めた。
 その一方で先週発信のニュースがついつい気になる。

<気象庁>今後2週間、日照不足の恐れ 農作物管理に注意を

 気象庁は2日、東北南部から九州にかけての地域で、今後2週間ほど日照時間が平年より少なくなる恐れがあるとして、農作物の管理などに注意するよう呼びかける気象情報を発表した。前線の活動が活発化するためで、九州北部以北の梅雨入りが早まる可能性もある。
 5月は低気圧や前線の影響で曇りや雨の日が多く、日照時間が記録的に少ない地域が多かった。今後2週間も同様の天気が続く見通し。関東や東北南部では、寒気が入って気温も低めとなる。【五味香織】
(毎日新聞) - 6月3日3時4分更新


 つくし農園の一年目。どうやらお日様より竜神様のほうが仲が良いのかもしれない。

 ほとんど知られていないことだが、日の神アマテラスオオミカミ(天照大神)に対して、雨の神様はクラオカミノカミ(闇淤加美神)とクラミツハノカミ(闇御津羽神)。クラは谷間、オカミは龍、ミツハは水の端の古語とされるという。詳しくは下のHPにて。


参考URL
雨を考える 
 ページ中ほどに、雨の神様の項あり。
wikipedia 淤加美神 
 うんちくの定番

 あらためて思うことは、自分の国の神様の事を全然知らないということ。こうして少しずつ、体の中に取り入れていきたいもの。雨の日に、日本の雨の神様の物語をながめてみるのもたまには良し。この国には、神様があふれている。
posted by 学 at 19:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする