注)記事の日付は太陰暦を用いております

2006年08月25日

アンテナ

閏七月二日 晴れ

060825kannniho

神丹穂の出穂



 水田の出穂がホツホツとあらわれだした頃、つくし農園のプレーヤーさんの縁でまたひとり、新たな友人「ゆうさん」が遊びに来た。9月からマクロビオティックの勉強の為に渡米されるというゆうさん。前日に同じくつくば市の有機農業家の方にお会いし、つくし農園への訪問となった。

 いつのことでもそうだが、見学者を迎えるのは緊張ものである。自分の取り組みがいったい他者にどう映るのか、小心者はなにかと気も漫ろになる。自然農の様子が魅力的に映ることを目指して、これからも精進精進なのである。

 昼前に同行された有機農のご夫婦もご一緒に田畑を紹介し、ゆうさんとはランチを取りながら談笑。自然農とマクロビオティックの近しい関係性に思いをめぐらせる楽しい会談となりました。こうして何気のない日々に少しずつ広がりをみせる自分のアンテナに不思議な感触を覚えた一日。


楽しいマクロビオティック生活…ゆうさんのマクロビBlog


マクロビオティック…最近耳にするマクロビについての「いろは」はこちらから。
               (マクロビについては他にも検索すればズラリ!)


posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しき出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。