注)記事の日付は太陰暦を用いております

2006年11月30日

ゆるりと

神無月十日 晴れ

 玄米を炒って土鍋でお粥に。丸二日の食欲不振から明けての、玄米粥が体に染み入る。

 熱がひいても胃袋が重くなんとかしたいと思ってみても、大の医者嫌いの小生が病院に行くはずもなく。頼りにするのは『自然療法(東城百合子著 / あなたと健康社)』の中の慈愛と実践にあふれた言葉となる。書の裏書によれば、著者は戦後まもなく肺結核を患い、玄米自然食によって自らの病気を克服し、以来自然食を主とした健康運動に力をそそいできたという方。「家庭でできる」「誰でもできる食事と手当法」とうたわれているものの、質素な野菜や玄米ほど手に入りにくい現代、小生もなかなか実行に移せずにいた。自然農を生活のそばに置いて四年目、気がつくと粗食が身近にある暮らしとなり、改めてページを開いてみる。


<薬用にもなる治病食の作り方>から「玄米スープ」の項を引用させていただく。

●玄米スープ
  玄米を洗ってかわかし、きつね色に炒り、一合に七合の水を入れおかゆに炊きます。
  炒りますと消化吸収がよいので、病人には炒ってからおかゆに炊く事は大切な事です。
  炒ってあるのですぐ柔らかくなります。(中略)
  弱って食欲のない病人、熱のある時、吐気の時には一番よいたべものです。
  死にかけた病人でも吸収するすばらしいたべものです。離乳食にも最適です。
  うすい塩味でいただきます。



 しょうが汁など液物以外はうけつけなかった胃が、素直に優しく玄米粥を喜んでいるのがわかる。梅干、深漬けの大根で少々の塩味を補給して、今日はそれでよしとする。復調の兆し、ゆるりと。


東城百合子氏、『自然療法』の概要 について
 
 こちらで本も購入できるようです。また自然食のお店などにも置いてあることがあります。

061130shizenryouhou




=====================================================================
先週末のつくし農園の様子はこちらからどうぞ
 ⇒土曜日の様子
 ⇒日曜日の様子
=====================================================================


posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 食の喜び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。