注)記事の日付は太陰暦を用いております

2007年10月11日

夜長へ

長月一日 晴れ 【寒露】(※二日前より寒露を迎えました)

 071011nagatuki

 夕暮れの深さに見とれてふと思い出すと、月は長月に入っていた。夜長の季節の西日の空は、一年で最も好きな色に染まる。この空を見ると、収束に向かいはじめる暦と、枯れ草の匂いと色に包まれる畑がセットになって頭をよぎる。太陽、昼、湿度、汗の空気から、風、乾き、冷気、夕暮れの空気へ。

 お団子とお茶が恋しい季節になってきた感じ。しごとの合間に食うと、最高にうまいんだよね。


 【寒露】…陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也(暦便覧)
      冷たい露の結ぶ頃。秋もいよいよ本番。
      菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入る。
      稲刈りもそろそろ終わる時期である。
      ※読み:カンロ
      <参考:こよみのページ
posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 暦の調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする