注)記事の日付は太陰暦を用いております

2007年11月09日

ううう

長月三十日 曇り時々晴れ 【立冬】(昨日から)

 作業を終えて家に帰ると唇がカサカサに乾燥している。今日から全国火災予防週間もスタート(11月9日は119番の日だそうです♪)。そんなカラカラの空模様が続いて欲しいのに、週末は集合日で稲刈りもどんどん進めないといけないのに、明日は雨の予報。晴れてくれないかなあ。ううう。もやもや。

 人間は所詮、天候には逆らえないのです。週末が晴れてくれるなんて、ただの確立に過ぎないのである。こんなに、唇、乾いてるのになあ。

 念を、曇天の夜空に送ってみよう。

 その一方で、秋播きの野菜たちには嬉しい雨なんだろうねえ。そういうことなんだけど。



 畑で作業していたら、「今年は暖冬なのかなあ、霜が降りねえな。」と農夫の声。確かに、底冷えの寒気はまだ聞こえてない。昨日産まれた冬の声。いよいよ、紅葉が深まりを見せるころ。そういや明日からは神無月(旧暦で)か。筑波の神々様、出雲に向かう前に、曇天晴らして行ってくんねえかい?


 【立冬】…冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
      この日から立春の前日までが冬。日は短くなり時雨が降る季節。
      北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。
      <参考:こよみのページ
posted by 学 at 18:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする