注)記事の日付は太陰暦を用いております

2008年04月27日

共同作戦

弥生二十二日 晴れ

 今年の夏ごろから野菜売り始めたいなあなどという淡い夢を後頭部の奥の方にしっかと抱いて、新たに農地をお借りすることにした。広い、、、広いよ。これは。どれくらい作付けすればどれくらい採れるのか、昨年の倍以上の面積(今あるのを含めれば三倍程になるだろうか)を相手にした途端、なんだか良くわからなくなってくる。あいもかわらずのインチキ百姓ぶりで情けない。

 自然農野菜販売計画に共同戦線をはることにしたyさんと共に立った畑は、これまで雑草退治の目的で年に数回トラクターをかけられて、いわゆる「耕起」されてしまっている畑である。物理的に土をほぐされて、体感的にはフカフカの土。そうした土は動かしやすいので、溝を掘って作付け箇所を盛り上げる「畝作り」には、随分と作業はしやすい畑である。さて、では、畝作りだ。

 小生の心の中に決めている自然農の一つの定義に、「機械を使わない」がある。自然の恵みの中で、自らの力で処せる範囲のエネルギーで、野菜を育てることができるのが自然農であるから。お題目はそう。で、現実。

共同戦線の第一目標、夏の販売に間に合うように野菜を育てること。
共同戦線の現在状況、冬の間に畝作りは準備できず、今まさに作付けシーズンが盛りを迎えていること。
共同戦線の行動選択、今すぐに作付け開始できるように、畝作りのみにおいて小型のトラクターで溝を掘る。

080427cutivating1.jpg 080427cutivating2.jpg

 かくして二人は友人から家庭用最小タイプの耕運機をお借りし、家庭用では無謀とも言える広さの畑をまる一日かかって畝を作り上げることとなった。これ、鍬でやったらいったい何日かかるんだろう。化石燃料と機械テクノロジーには、真に畏敬の念を憶えずにはいられない。自分の手で耕運機の類いを動かしたのは実に5年ぶり。ガソリンの来し方行く末、機械の来し方行く末を考えずに便利さだけを考えたら、そらあ便利ですわいな。うむうむ。

 どうでもいいことかもしれないが、耕耘機をかけたのはあくまでも溝の箇所のみで、畝の内側70%は少なくとも我々は耕してはおりませんのであしからず。
posted by 学 at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 地に足つけて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする