注)記事の日付は太陰暦を用いております

2010年01月01日

謹賀新年

霜月十七日 晴れ


nengajo4small-a.jpg


 謹んで新年のお喜びを申し上げます。
posted by 学 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 暦の調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

今年

師走八日 晴れ

 だぶついたように温い【大寒】を過ぎて、いつもの冬に戻った。異常気象やら温暖化やら、IPCCの修正報道を嘲笑うごとく毎年のように起こっているかのようにも思える。情報に、政策に、巨大資本に、踊らされずに歩くには、何もいらないようでもあり何かを身につけなければならないようでもあり、毎度のことながら、頭をかきながら歩く他ない。


 新年明けど、畑は、土は、草達はただ生き続ける。ただ続きながらえる自然界は、不変のものはない。でははたして人間やいかに。変わらぬとしても喜怒哀楽あり、変わるとしても喜怒哀楽あり、全ては自身の定め方である。生命体は、常に体細胞の分子を入れ替わらせて生きているのだ。



 今年は、「禊ぎ」の年とする。

 変わるも禊ぎとし、変わらぬも禊ぎとする。己の内を禊ぐ。

100122west.jpg

 
 山のような、それでいて草原のような、波のような、目の前に横たわる冬にやるべき作業の量を、覚悟して楽しもう。その先の成果を、五分五分で期待しつつ。
posted by 学 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする