注)記事の日付は太陰暦を用いております

2011年04月02日

シナリオ

如月廿九日 晴れ

 昨日、40μSv(マイクロシーベルト)を被曝した。極度の歯医者嫌いであった小生だが、清水の舞台から飛び降りた気持ちで、家から歩いて1分の歯医者さんで治療を受けることを決め、診断でレントゲンを受けた。これから3ヶ月かけて、4本くらいの治療と戦います。ああ、憂鬱。
 さて被曝。今日のつくばの屋外放射線量が約0.2μSv/hだったようなので、約200日分(コメントにてご指摘をいただきました⇒)約4週間分の外部被曝を受けたことになる。もしくは規制値いっぱいの、ヨウ素131が2000Bqのホウレンソウ1kg、狂ったようにポパイ並みに食べた感じ。うん。大丈夫だ。

 先日の記事で、ちょっと前向きすぎるかな、とも思っている自分もいる。心配は心配。怖いは怖い。病気、障害は、全体で何万分の一の確立であろうが、本人自身にとってみればゼロかイチかであるからね。ましてや子供には、親の判断で子供の将来の不安が増すのは悔やんでも悔やみきれないだろうしね。まあそれは、放射線への不安に限らず、生きること、人生の全てにおいて言えることなんだとも気付く。でも自分は、つくばにいることを決めた。家族はいわきに住んでいる。住む者、残る者として、この状況で、針の穴からを抜けてやってくるような恐怖を常備して暮らすという選択をやめることにした。それだけなのです。知り合いのお医者さんや、農学の先生や、友人、つくいち仲間などと話し、ネガティブなシナリオとポジティブなシナリオをミキサーにかけて、そうして、これからもつくばで自然農を営む自分の視点から、自分のシナリオを作る。それだけなのだ。

 その視点で、土壌への影響も、植物生育への影響も、考えなくてはならない。本当にやばいシナリオが導き出されたら、その時に、それに従って諦めればいいこと。今は多分、大丈夫、という予感。無知から導き出すのではなく全身で考察して、責任あるポジティブシナリオにたどり着こうという覚悟。

 自然を、人間を、生命をなめんな。人生をなめんな。怖くたって不安だっていい。その恐怖をエネルギーに変えて、前向きに楽しむ。日本は、それでしか変わらない。



 原子力エネルギーは、もうやめよう。政治判断で、停止を決めよう。いや、自分達で決める。なら現実的に考えよう。この無駄に不安なリスクだけを考えたら、全部の原子炉を即時停止を言いたくなる。でも電力供給としては無理。ならばまずは計画と予定を全部棄却しよう。そして、継続使用中の原子炉は、停止期限を決めて停止しよう。まずは政治で決めるだけ。決めたら、日本は絶対に対応してしまう。あっという間に原子力発電を補うだけの代替エネルギーを実現化させる。原発の停止期限以内に、間違いなくやり遂げるに決まってる。日本人の能力は、凄いもの。電力を使わなければ生きられないというのなら、それは必ず実現してしまうよ。だって日本だもの。

 別のシナリオ。日本での電力消費を、芸術、文化的に減少させる。「薄灯り」。それはほんのりとした柔らかい照明。行灯に照らされた障子の奥のような、ぼんやりとした暖かみのある照明。そんな灯りが、光量が、街の、商店街の、家庭の常識になる。ギラギラしたネオン、蛍光灯の昼のような照明から卒業して、暗すぎず、明るすぎず、無駄な電力消費の少ない、そんな照明を共有する新しいイキな文化。「薄灯り」="Usuakari"が、Tsunami、Sushi、Manga と同じように、新しい日本発信の文化、生活スタイルの世界語として世界に広がっていく。これは夢物語かね。「Usuakari Japan」結構カッコイイと思うんだけどね。



 農的影響についてはまた今度。明日はつくいち。菜の花と、菊芋を持って市場に行きます。それでは。 
posted by 学 at 21:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 本質を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

chaos

弥生三日 【清明】 晴れ

 何度も何度もテキストを書いては手が止まり、進めては止まる。これは何を参考にしたのだったかとネットを彷徨ったが最後、善意と悪意の渦に飲み込まれて、次々に新着情報が飛び交うカオスに巻き込まれて、さらに自分を見失う。

 カオス。今飲み込まれんとしている、最大の敵。放射能でも、政府でもマスコミでもネットでもなく、それを全て飲み込んで揺さぶっている、本当に自分が向き合うべき敵は、カオスだ。

 ナウシカが飲み込まれそうになったのは虚無であった。腐海という、動かしようがなく向き合うしかない宿命を前にして、それでも前に進もうとしたナウシカを襲った虚無。
 今、日本人には、動かしようがない事実が確定せず錯綜し、向き合うしかない宿命自体が無限大の振れ幅でさまよってしまっている。そんなカオスが、ナウシカを飲み込もうとした虚無のように、日本全体を飲み込もうとしている。

 しかしナウシカはその虚無を克服し、腐海と共に歩むことを選んだ。希望と共に前に進んだ。
 我も、必ずやカオスを克服し、前に進む道を見つけなければならない。それは、前に進むことを決めた者が背負う、権利であり責任である。

 いや、ただ俺一人だけが、カオスに溺れているだけなのかもしれないのだけど。我ながら小さいなあ、肝が。


 …今日はこれしか書けません。なんという駄文。あれー意外にまいってんのかしら。やだやだ。たまには、溺れてもいいかもね。あー恥ずかし。 I'm still in the chaos,but...
posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

ぼやく

弥生十日 晴れ

 つくばでは桜が満開を迎えた。震災から一ヶ月経ち、今もあの日の14時46分、停電に暮れた夜、翌日の緊張した街の様子、実家との連絡を取り合った数日間を思い出す。先日の日曜日、大学時代の友人と、つくば中央公園の桜の木の下で花見を開いた。卒業して10年以上が過ぎ、伴侶や子供を家族に増やした友人たちと、持ち寄った手料理、お土産のデザート、ビールにウイスキーをあけて笑顔を共にした。

20110412jagaimo.jpg
−ジャガイモの発芽−


 週が明けて畑に向かうと、ためにためこんんだ作付け予定が、待ったなしで覆いかぶさってくる。振り返る暇はなく、今日はジャガイモ、明日もジャガイモ、明後日はジャガイモ、その後もジャガイモ、合間に他の種播きと、どうにかこうにか日常に追い回されることになっている。時々に畑は大きく揺れ、そのたびにラジオを聞き、放射能よりも花粉を厳重にガードし、毎日を取り戻そうとしている。震災後の毎日を過ごすということは、その現実と自分の実情を重ね合わせて前向きに生きるしかないのだ。心配しすぎても楽観しすぎてもいいけど、生きるのは自分だ、と覚悟を決めて。


 ここ数年、自然農に関わらず、エコロジー関係やスローライフ、ナチュラル志向のインターネットやメールなどのツールからの情報を普段から取り入れてきたが、震災や原発事故の後のそれらの空間で語られる言葉に対して、なんともいえない感覚が頭の片隅にざらついている。なんだろねこれ。
 原発事故を受けて、いざ行かむと東北関東を離れ、西日本に移住(一時避難ではなく移住)を声高に宣言する人々。もしくは、あなおそろしやと東北関東の大地を忌み、放射能による悪影響を決めて疑わずに唱える人々。みなそれぞれ、ご自身の行動、宣言に、信じて恥じぬ確信と熱血に満ちて周囲に説いている。その声を聞くたびに、よくわからないチクチクしたものが小生の心の中にめばえはじめる。なぜだろうこれ。
 小生が茨城に住んでいるからなのか、家族がいわきに居るからなのかはわからない。不幸中の幸いにたまたまの幸運で住処を離れずに済んだ自分や、親類友人に想いを寄せるにつけ、どうしても、声高な危険の吹聴や移住の宣言に対して、何かが違うという思いが色濃くなっていく。
 危険か安全か、危険を恐れればどこまでも恐れることはできる。今までのような無意識の安全宣言は、できるはずはない。肯定的な話を断片で聞いたり、悲観的な噂を早馬に手に入れたりして、結局は素人集団である市井の庶民が自分自身で判断するしかない。しかしだ。絶対に確定的なレベルの事実以外に関しては、福島や茨城の各地それぞれの、大気中の、土壌中の、生活環境としての放射線による