注)記事の日付は太陰暦を用いております

2011年07月07日

ザ・日本

水無月七日 雨のち曇り

 夜明けから田植え、暑くなったら草刈り、家に戻って水風呂に浸かる。 午後に畑で豆を播き、夕暮れ前にまた田んぼ、水シャワーで汗を流し、ビールで酔わせてまた翌日。 そんな毎日がこのところ続く。

20110707keidai.jpg



 家から歩いて5分、畑からは歩いて2分のご近所に鎮座します一ノ矢八坂神社。毎年旧暦六月七日に、由緒正しきニンニク祭が開催される。神輿が出たり、太鼓が鳴ったり、境内にニンニクお守りが並べられたり、とそれ以外にとりたてて見るものがあるわけではないのだが、地元の祭としてはなかなかそれでいてごった煮で、汗臭くて、猥雑で、とりわけ今時珍しく平日だろうがなんだろうが旧暦で開催するあたりが好ましい。着馴れない女子の浴衣、精一杯に背伸びしたカッコつけの少年、ビールと半被姿で完成された神輿衆とそれを見守る茶髪の奥さん連中。洗練されてないクセに値段は張る屋台の軽食、たこ焼きソースとワタ飴のむせるような香り、生活補導の中学校の先生達。ああ、日本の夏祭りは、いわきでも、つくばでも、変わらないのね。ザ・日本。
 いっぱい働いて、毎日ビール飲んで、時々こうやって。 それで日々は回っていく。 頭でなく、生活で。 



20110707shateki.jpg

20110707ganbappe.jpg

20110707mikoshi.jpg



 浴衣姿で一人、ファインダー越しに祭に浸かっていると、なぜかふと、異国に紛れ込んだ異邦人のような気分に襲われた。お前はどう見ても日本人のオヤジだよ、と誰かに言われそうだけど。 ともあれ、神輿のかっこよさってハンパナイっす。
posted by 学 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする