注)記事の日付は太陰暦を用いております

2012年09月09日

まなび

文月廿三日 晴れ

 
第四十二候:処暑末候
【禾乃登(こくものすなわちみのる)】
=穀物が実り始める=
 (新暦9月2日頃〜9月6日頃)

 
第四十三候:白露初候
【草露白(くさのつゆしろし)】
=草に降りた露が白く光る=
 (新暦9月7日頃〜9月11日頃)
※今年から七十二候を取り入れてみました※



 20120909ending.jpg


 言葉にならないような、充実したような、まだ物足りないような、素晴らしいような、こみ上げてくるような、そんな出来事を言葉にするのは、してはいけないと思いました。

 以上。


 もりのがっこうの、「おとなワークショップ【じっくり聴く・話す】時間」に関われたことに、全身全霊の疲労感をもって感謝します。

 今日の「まなび」がまた、自分に沁みて、沁みて、沁みて、そして湧き出るときまで。


 

 


posted by 学 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 学びを知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。