注)記事の日付は太陰暦を用いております

2014年03月06日

寒風

如月六日 晴れ時々大風

 「この春は暖かい」、と数日前のBlogに書いてしまって、この数日の寒の戻りを楽しんでいる。

 雨上がりの今日、いやはや、隣の竹林がもぎ倒されそうな強風がつくばに吹き荒れた。

20140306wind.jpg


 風に飛ばされた杉花粉も大量に舞っているに違いなく、畑に向かう足がじりじりと遠のくが、確定申告作業でなまる身体をリフレッシュさせるべく、刈り払い機を担いで数時間。しゃがんで縮こまってする種まき仕事よりも、重い農具を振り回すほうが、こんな日にはもってこい。・・・と息巻いて始めたものの、足先を凍らせるほどの寒風にはほとほとマイリマシタ。 いやあ、それにしても、吹いた吹いた。


 日中見かけ始めていた団子虫やアリたちも、この寒さにはまた巣篭もりなおしてるかもね。


第七候: 啓蟄 初候
【蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)】
=冬ごもりの虫が出てくる=
 (新暦3月6日頃〜3月10日頃)
七十二候を“ときどき”取り入れています※


posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする