注)記事の日付は太陰暦を用いております

2008年08月29日

このところ

文月二十九日 雨のち晴れ


080828suiden.jpg



 雨乞いの7月を忘れてしまうほどの、このところの雨模様。晩夏の種播き、苗植え、どうも停滞させられていて困ってしまう。一番欲しい時の7月の水がなくて悔しさもあるが、ひとまずは田んぼも穏やかに湿っていてなにやら心が落ち着いてしまう。開花時の雨は受粉に影響するので心配もあるのだが、まあ台風よりはましである。

 お湿りを喜ぶ田んぼとは違い、畑は雑草が喜び勇んで成長しているのがわかってまたひと苦労。播種作業と雑草管理のウェイトがなかなかバランスが取れず、どっちつかずの畑になってしまわないようにしなければならない。それでも、直売所構想がちょいと足踏み状態もあって、なんとか作物ラッシュからは逃れられていて気持ちが焦っているわけではないのが幸いか。

 直売所、さあ、どうしたもんかね。色々色々、考えて、足踏みして、モンモンして、振り返って、また前見て。『育てて、売る。』たったこれだけのことに、自分が得体の知れないものにとりつかれているようで、不思議。


 そういえば、つくばスタイルという雑誌に、雑草屋やつくいちの記事が掲載されました。お近くの本屋さんで見かけたら、覗いてみてください。

※リンクにはAmazonを貼っていますが、小売店の方々の為にも、できる限りお近くの書店などでお買い求めください。
posted by 学 at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週、汗まみれで「雑草」と戦ったはずだが?
1週間ぶりに畑に立ち、「あんぐり」「なにぃぃぃ」
エダマメは実らず、てのひらには「豆」が(汗)。
Posted by yama at 2008年08月31日 21:39
yamaさーん

雑草は容赦ないですね。この時期、夏草といわれる雑草たちが一斉に種をつけて枯れていく様子が見られます。その流れを見極めて、自然な草管理ができるようになると理想ですよね。

せめて手の豆ほどに、枝豆もなってくれればなああ。
Posted by インチキ at 2008年09月10日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック