注)記事の日付は太陰暦を用いております

2008年09月23日

投資

葉月二十四日 【秋分】 晴れ

 前夜の二日酔いを、秋晴れに洗い流されるような陽気の一日。

 このところのBlogを読み返してみたり、パソコンに撮り溜めした写真を見返してみると、とにかく畑の写真、野菜の写真がない。育ってないから撮りたいと思えないのだろうし、撮りたいと思っていても、被写体がない。とはいえ、秋播きのシーズンは毎日毎日着実に明日から昨日に移り、それに追いつき追いつきしながら、枯れ行くとはわかっている雑草の中で消えそうになる作物たちを救済しようと草を刈る。

 肥料をやらないから、育たない。
 雑草をとらないから、育たない。
 農薬をやらないから、育たない。

 VS

 肥料をやらなくても、育つ土に変わるんだ。
 雑草をとらなくても、程よく手を添えればいいんだ。
 農薬をやらなくても、草とも虫とも仲良く育つんだ。
 

 
 せめぎあい、むしろ悩みと迷いが増え、でもやはり、後者を選びまた畑にしゃがんで作業に戻る。自然農に惹かれて毎日を過ごす小生に会いに遊びに来てくれる人がいたり、小生を通じて自然農に興味を憶えたという人がいたりして、そんな何かを体の髄に貯金しているような気分にもなる。 冬の畑はどうなるのか。来年の畑はどうなるのか。グッドイメージを思い描いてニヤリとしてみる背中には常に、全然育たぬ悪寒もしかたなく忍ばせている。どうなるかわからないけど、自然農で作物が育つ畑が出来上がる、その過程も停滞も前進もそれがやっぱり楽しくてしょうがないからやっているのだ。イメージしよう。そして手を動かそう。ニヤリを投資してこそ、豊かな田畑が近づいてくる。ムスリはなるべく田畑にはぶつけないで、せめてハテナに留めておいて、ニヤリを田畑に落としていこう。

 
 たとえ今の喫緊の状況によって十分な時間を畑作業に費やせないことがあったとしても、それを心の中では情けないとは思ってみても、そんな小生のライフサイクルの澱みごとき、自然にとってはそれこそ一つのサイクルに過ぎない。少し放っておいたとしたら野菜は雑草に埋もれて育ってくれないかもしれないが、でも全体の命の量は決して減るわけではなく、結局は豊かに蓄積していくだけなのだから。

 自然とは、自ずから然らしむるさまでもある。おのずから、しからしむる。今の、自分の、自ずから然らしむることに沿って。
 

 080923shuubun.jpg
 
 見上げれば必ず空があり、足元には必ず土と草がある。




【秋分】…陰陽の中分となれば也(暦便覧)
     この日は秋の彼岸の中日。
     先祖を敬い、亡くなった人の御霊を偲ぶ日として親しまれている。
     また、この日は春分と同じく、昼と夜の長さがほぼ等しい。しかし、
     秋分の日と春分の日の気温を比較してみると、平均気温で秋分の方が
     10度以上も高くなっている。夏の暑さの名残があるからである。
     雷が鳴らなくなり、虫は地中に隠れ、水が涸れ始める。
     ※読み:シュウブン 
     <参考:【室礼】和のこよみ
posted by 学 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(2) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菊芋の花が咲いてきましたね。
空もずいぶんと高くなった気がします。
相変わらず、雑草の勢いは衰えないですが、
確かに秋の気配を感じられる草たちです。
私は、1週間に1度、それをはずすと2週間に1度。
このことが何をもたらしてくれるか?
この2年半、小松さんと一緒に自然農をしてきて、
手を入れることの難しさを何度か経験しましたね。
何もしないことが、時として良い結果を出してくれる。
勿論、そうばかりでも無いですが(ははは)。

Posted by yama at 2008年09月24日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

sizennoh
Excerpt: 自然農といわれるものを始めて、3シーズ...
Weblog: 偶然を廃棄せよ!
Tracked: 2008-09-28 22:24

自然農
Excerpt: 農業は 大地と太陽の恵み と思っていた。 ところが 意識から離れていた・・・月が 1枚かんでいる 様な感じがある。 太陽と海では 何の変哲もない 詩になるしかない 話ではあるが 月と海で..
Weblog: 大きな国で
Tracked: 2008-10-07 20:06