注)記事の日付は太陰暦を用いております

2008年11月14日

なにぶん

神無月十七日 晴れ

 副業のため、つくばを少し離れている。

 農園の集合日を終えてから、様子をBlogに載せる暇もなく、駆け足でバタバタと生き急ぐ数日間をすごす。その間、つくし農園のプレーヤーが稲刈りに来られて、携帯電話で話しながら稲刈りについて少しお伝えしたり、つくいちで雑草屋本舗の野菜を買っていただいた方から、自然農野菜の感想や農園を見てみたいとのメールをいただいたり。

 なにぶん道の半ばにて、いろいろな方に不便をおかけしながらの自然農生活。「もう霜は降りたか」「来期の田畑はどうしようか」「サツマイモもどんどん収穫か」と、遠く空を見上げる。


 "我"がまま。"我"がままに畑に向き合うとはどのようなことなのか。自然農で育つ作物に、自身も育てられながら、なるようになるべく。


 さて、戻りは日曜。田んぼが恋しい。



posted by 学 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック