注)記事の日付は太陰暦を用いております

2008年12月25日

聖夜はともかく

霜月二十八日 晴れ


081225mixed_leaf.jpg



 新暦の12月25日。冬至の3日後(今年は冬至が21日だったために4日後ですが)であり、太陽の高度が最も低くなってから、緩やかに高度の上昇を確認できる頃。クリスマスも、もともとは太陽高度の復活を祝う古代行事と神話と宗教がトロトロに溶けたミックススープのような行事である。

 気温の上昇はもう少し後の立春を待つことにして、キリストが生誕したとされる話はともかく、お日様の時間が少しずつ回復し始めた畑の様子をお届け。



081225cabbage.jpg  081225chard.jpg
キャベツ  &  スイスチャード

081225endou.jpg  081225soramame.jpg
エンドウ豆  &  空豆

081225daikon.jpg  081225hakusai.jpg 
ダイコン  &  ハクサイ

081225naganegi.jpg  081225rucola.jpg
長ネギ  &  ルッコラ

081225ninjin.jpg  081225raimugi.jpg
ニンジン  &  ライ麦



 洋の東西問わず、冬至の周辺にはお日様を祝う慣わしが行われてきた。そんな人々の昔からの知恵と感謝の念を、クリスマスの喧騒の後に思い起こして畑に立つのもまた一興。




クリスマスとは
 …クリスマスと太陽信仰について、大いに参考になる。
  真贋嘘実が錯乱するクリスマスの起源などが比較的冷静かつ丁寧にまとめられている良記事の一つ。 

  記事は「クリスマスと茶の湯」という冒険的試み(笑)がなされているHPの中の一項から。
  こちらの冒険的HPは「茶の湯の楽しみ」というHPのリンク集に掲載されている。
posted by 学 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスマス前後、以上に寒くて大雪に見舞われたシカゴですが、昨日今日は久しぶりの快晴で、子供共々外に出る気になりました。あそれにしても植物は強いよね。こちらでも雪や氷の下から、新芽がもう顔を出してました。
うちもクリスマスは祝うけど、あまり宗教的ではないです。イブは大抵大きなディナーを食べて、クリスマスは私の誕生日だから、そっちの方を祝うのね!
明日は大晦日ですね。今年もあっという間でした・・・
Posted by yoriko at 2008年12月31日 07:28
>yoriko

遅ればせながらおめでとう!
誕生日もクリスマスもNewYearも大祝いだね。

シカゴは夏しか行ったことないから寒さの想像がつかないけど、そりゃあ寒いだろう。
それでもすでに新芽を出す植物たちの逞しさはすごいね。
そのおかげで命をもらえてる我々でもあるということなんだけどね。

年をまたいでの返事になりましたが、今年も陽気に参りましょう。
Posted by インチキ at 2009年01月07日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック