注)記事の日付は太陰暦を用いております

2004年12月02日

透明に暮れる

神無月二十二日 晴れ
 朝晩に厳しく冷えるようになってきた。昼の二時半も過ぎると陽射しはローラーをかけられたように薄く延びていき、北風が急に冷たく感じてくる。
 空気が澄んできたのかな。バイクを走らせているとそう思うような夕暮れ。部屋に戻った窓の外が、晩秋の空を伝えていた。

 041202yuugure

 12月の夕暮れは、思っていたよりもずっと透明だった。


posted by 学 at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 暦の調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
超きれいだなぁ。
きれいな空は心を浄化するね
二子橋からの夕焼けも負けないよ
富士山だって、みえちゃうよ。
あまりスタイルよくないけど。
Posted by uki at 2004年12月13日 23:37
田舎にいるんだから空くらい綺麗じゃないと割にあわないよね〜。また遊びに(飲みに)行くぜー。
Posted by 学 at 2004年12月26日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。