注)記事の日付は太陰暦を用いております

2009年05月11日

そろそろ

卯月十七日 晴れ

 エンドウ豆、苺、空豆。旬の野菜たちが、よほど食べてもらいたいのか、どんどん収穫期を迎え始めた。未熟ながら直売所の準備がままならないので、なんとかBlog上で貰い手を募集している。なんでこんなに美味いのかねしかし。


 自然農2年目の畑ながらも、野菜も草も、自ずから然らしむるように育ち、実り、足跡を残しながら生きている。売れなければ全部自分で食べればよいし、来年の種として残してもよいし、畑にそのまま帰してあげてもよいし。経済学的に無駄だって? 無駄なものかよ。こいつらは何もない土の間で、自分で光合成して養分蓄えて、雨水を吸い上げて時々虫に食べられてあげて根っこにも微生物を住まわせてあげて、そのうえ人間にも食い扶持を分けてくれてるのだ。すごいねしかし、植物さんは。

 まあとにかく直売所、いよいよそろそろ、建てねえと。



 しかしなんだ、ビールのあてに自然農の苺ってのは、ちょっともったいないかしら。ヒック。
posted by 学 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 地に足つけて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてソイラテです。
私自身が体調を崩したことがきっかけで食の大改革をし、野菜も無農薬のものをとるようにしました。そんな中で一切肥料も使わない自然農について大変興味をもちました。
自然農では、畑のコンディションを整わせ、収穫するまでにはかなりの時間を要するとなにかの本に書かれていたのを目にしましたが、二年目でもすでにいろいろなものを収穫できるんですね!
また、インチキさんの生活を楽しみ、自然農でのエネルギーあふれる生活がひしひし伝わってきて元気もらいました。ありがとうございます。
またブログ楽しみにしています。
野菜や苺ほしかったのですが、メールへ直接つながりませんでした。残念…。
Posted by ソイラテ at 2009年05月21日 21:49
はじめましてソイラテです。
私自身が体調を崩したことがきっかけで食の大改革をし、野菜も無農薬のものをとるようにしました。そんな中で農薬だけでなく、肥料も一切使わない自然農に大変興味をもちました。
自然農は土のコンディションを整わせ、作物を収穫するまでにはかなりの時間がかかるとなにかの本で目にしたことがありましたが、二年目でもすでにいろいろなものを収穫できるんですね!

インチキさんの自然農でエネルギーたっぷりな生き方に元気もらいました!生活を楽しんでいる様子伝わってきました。ブログまた楽しみにしています。

苺と野菜ほしかったのですが、メールに直接つながりませんでした。(>_<)

Posted by ソイラテ at 2009年05月21日 22:15
ソイラテさん

コメントありがとうございます。
ソラマメやスナップエンドウはまだまだ収穫できますので、ご連絡いただければご用意いたします。

メールいただいていたのでしたら手違いで受け取ることができませんでした。何故でしょう? 

zassouya@104.net
↑@を半角に直していただけたらメールが届く筈ですのでご連絡お待ちしております。

※今確認しましたら、雑草屋本舗のBlog記事のメールアドレスが誤っていました。大変申し訳ありませんでした。
Posted by インチキ at 2009年05月21日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック