注)記事の日付は太陰暦を用いております

2009年05月13日

ありかも

卯月十九日 晴れ時々曇り

 つくいちの定例会議に出席して散会後、コーヒーファクトリーさんの軒先を(勝手に)お借りして(勝手に)月夜出店してしまった。夕方に収穫したエンドウやソラマメを木箱に乗せ、開店時間5分。お客さんはつくいちメンバーの皆さん。

 自家用の軽バンに木箱一つ積んで、その日採れた分を量り売り。売れ残りは自宅で焼きソラマメでぱくり。これって、ありかもね。以前に友人と話していた妄想を、思いがけずゲリラ実行してみたら、予想以上に楽しくてニヤリ。本舗のBlogで売るのもナカナカ手探り感のなか、これはこれでありかもね。人生には、小難しい話も必要で、それと同じくらい、適当な小気味よさも必要ですな。


090513yakisoramame.jpg



 さて明日もひいこらと種を播こう。
posted by 学 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 地に足つけて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソラマメ、おいしそー!大地の恵みをそのまま噛み締めて、難しいことあっても毎日前進するしかないよね。
5月ってほんとにいいです。雨が多くて、緑が濃くなって、いたるところに生命の息吹を感じる。がんばろーという気になるよ。
Posted by yoriko at 2009年05月14日 03:25
月夜のお店でのお客です。
お野菜って(特にお豆系)一瞬一瞬で味わいが変わってくるものだから、その日採れたものを、その日だけの味!としてゲリラ的に販売するのっていいなぁ。

作り手さんと、お野菜と、通りかかった人の一期一会の偶然の出会い。

あの晩、まさに私はお豆と偶然の出会いをしたわけで。
ゆでたてのお豆をかみしめながら妙にうれしさを感じたのは、そのおいしさに加えて、ばったり出会ったことに喜びを感じていたのかもしれません。

またどこかで会いましょう。
って、必然的にも会うんですけどね。


Posted by よっこ at 2009年05月17日 09:28
豆、うまいですよね。

旬の味は、誤魔化しようのない、土の上で育つ作物がその時期にしか恵んでくれない味です。

それをそのまま楽しむのは、不自由でありながら、贅沢でもあるのだな、と時々感じます。不自由であるからこその、贅沢。

それはもしかしたら青空市場だったり星空市場にも共通するのかも知れませんね。

どちらもコメントありがとう!
Posted by インチキ at 2009年05月21日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック