注)記事の日付は太陰暦を用いております

2009年07月02日

できねえ

閏皐月十日 雨時々曇り

 やんだと思えばまた降り始め、鎌を手に草に入るとまた濡れる。ベトベトの土では収穫できないものや、乾いた空気の中で収穫しないとカビやすくなるものなど、全く手が進まない。梅雨で喜ぶ生き物がわいわいと楽しむのは嬉しいが、仕事ができねえ。蛙の声を聞き、カタツムリを横目で見、柿の葉にあたる雨音を感じ、夜毎に巣を張る蜘蛛に頭を引っ掛ける日が続く。散歩して、服を濡らし、草を刈り、でもメインの作業はおあずけの、そんな数日。

090702ajisai.jpg



 週末はつくいち。玉葱も、ニンニクも、ラッキョウも、ジャガイモも、ライ麦の藁も、タイミングよく収穫できる間がない。むむむむ、とはいえ梅雨ですしな。
 3年前のBlogで、閏月についてのまとめをしてみているが、今年はこの梅雨のひと月に閏月が訪れた。小生にとっては、閏月はあくまでも太陰暦と太陽暦の暦の帳尻あわせの知恵に過ぎぬが、人によっては閏月のある夏は猛暑やら、閏月のある冬は厳寒やら、因果を結びつけるこじつけがないわけではない。それによれば、もともと皐月は長雨の月であるので、皐月が二月続く閏皐月のある梅雨は長引くという噂もあるやらないやら。南無南無。そう思えばそう、そう思わなければそうでない。

 収穫も草刈りも種播きも、たまった作業全部まとめて、そろそろこの辺りで本来の意味のさつき晴れ(梅雨の晴れ間)が恋しいところなんだが。ま、合羽着て田植えはやらなくてはいかんけどもね。あと半分。


posted by 学 at 19:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 暦の調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちでは、毎年、花菖蒲が咲く時期を、田植えの目安にしているのですが。。。
今年は、2週間早く、花が咲いた。
しかし。。。
それは、旧暦では、去年と、『同じ日』でした。。!!
***
だから、多分、旧暦は、「正しい」のです。
だから、「閏月」も、多分正しいのでしょう。要するに、今年は、梅雨が長い、ってことね。多分。
Posted by ほほほです at 2009年07月02日 23:15
なるほど、花菖蒲を目安にしているんですねえ。そういう近隣の自然のサインに気に留めることも徐々に身につけていきたいものです。つくばには何があるかな?

長梅雨の予報は外れてしまいましたが(笑)、色々なヒントが詰まったコメントありがとうございました!

Posted by インチキ at 2009年07月15日 23:15
まあ、『梅雨明け』というのも、最近出来た、気象庁の言うことですから。どうかわかんないっすよ。
じっさい、旧暦や、生物指標を言う、篤農家は多いもんです。わたしのきいたとこでもね。
Posted by おほほほ at 2009年07月18日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。