注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年01月13日

じゅうしいな午後

師走四日 晴れ

 050113iykan

 あいかわらずの晴天続きに口の中が乾くことが多い。冬眠をむさぼるインチキ百姓のここ数日の楽しみは、この乾きを満たす、午後に食べるイヨカンである!これぞ、じゅうしい。どうしてそんなにうまいのか。どうしてそんなにみずみずしいのか。冬に届くこの美味だけは、南国の太陽に感謝せざるを得ないです。雑文によれば、いよかんの栽培特性は「最低温度が−5℃以下にならないこと、年間平均温度が15〜16℃以上がよい。」とのこと。おおおー。この地ではギリギリだな・・・。無理かどうかは、播かねば成らぬ、何事も。さっそく種でも播いておこう。桃栗三年柿八年、いったい伊予は幾年か。
posted by 学 at 17:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 食の喜び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うまそうないよかん。しかし去年食べた、でこポン(?)も甘くておいしかったような。
しかしみかんはやっぱり寒いところに限る。パキスタンのみかんは中身がなかったよ。青っぽい酸味の利いた、手でむくと皮がぼろぼろ、中身が硬いバナナにはまってます。
Posted by コータ at 2005年01月18日 19:59
コータ、お前陸地に上がって何やってんだ?
冬の畑に関しては何も知らんが、春に向けての準備が一息ついたら鍋でもやりますか、学君。
Posted by エースケ at 2005年01月20日 00:16
いやあエイポン、春の準備はこれからが山よ。
さりとて心もあっためんといかんからねえ。いつでもやりましょう、鍋。息子のバースデーも祝わんといかんではないか、そろそろ!
Posted by 学 at 2005年01月22日 23:01
いいねぇ、鍋やらんと。日時決めようよ。
Posted by taka@北京 at 2005年01月24日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック