注)記事の日付は太陰暦を用いております

2006年05月28日

笑顔の種

皐月二日 雨のち曇りのち晴れ

 土日の二日間、つくし農園の集合日を開催。5月度の今回は、田んぼの苗代での雑草取りや、畑作業の諸々を参加者のみんなと過ごす。なにはともあれで今春スタートした農園だったが、皆さん丸一日かけて草と土と虫と戯れて格闘し、帰る頃には笑顔で帰ってゆく。自然農に触れると、なぜかその先には笑顔がある。

 基本は放任主義の当農園(イロハや注意点を伝えた後は、本人と田畑とで「対話」してもらうのが趣旨)であるが、みんなの笑顔にひと工夫付け加えたくて、色々と集団作業のオプションをお願いしてしまうのは悪い癖か。当初からの構想にはあったことではあるが、今回から、畑の東側に迫りくる篠竹林を刈り進めて、雑木林を復活させてみようという試みをスタートさせることになった。とはいえ、これがかなりの肉体労働。慣れぬ手つきでノコ鎌片手に篠竹に立ち向かうには、なかなかエネルギーを消耗するのも事実。もちろん、本道の田畑作業に支障がないように気を配りつつ進めたいのは大前提であるが、あのヘロヘロに疲れて帰路につく参加者の笑顔を見ると、ナントモねえ、もっともっと疲れて帰って欲しくなっちまうんだな〜。ニヤリ。

060528yabu 060528nikutairoudou

このうっそうとした東側の藪林を、、、、、、刈り進めるのだ!!



あ〜今日はチカレタ!



060528zukkiini


暦は皐月。ズッキーニの苗も気持ちよさげに両手を広げ始める。
posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック