注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年02月07日

もういくつ寝ると

師走二十九日 晴れ

 明日は旧暦の大晦日。明後日は正月元旦となる。旧暦の正月一日は、もちろん月の満ち欠けによる周期ですので毎年(太陽暦=新暦に対して)ずれが生じます。

 このご時世にわざわざ旧暦の正月を云々言うのは、別にへそ曲がりの戯言というわけでなく、ちょっとだけ想像して欲しいからなのかも。昔(つい150年程前まで)は、この時期が新年を迎える時期であったことを。梅がほんのり色づき、春の息吹が日の長さに感じられるようになり、空気が完全に乾ききり、いよいよ冬も峠を越してきたかと思いだすこの頃がお正月だったということを。旧正月の習慣をいまだに残しているアジアの人々の、古来の文化への愛着の持ち方に少し羨ましさも感じるほど、あっさりと文明開化してしまったわが祖国。文化にグローバルスタンダードはいらないのにね。いつか農民が天下をとったら、旧正月と旧暦の復活を公約に入れたら楽しいだろうな。
 


※今からでも間に合う【新暦&旧暦対応カレンダー】
  ・・・こちら(オガワさんのHP)の画像内にあるメールアドレスへ注文できる
    みたいです。小松も今年から愛用し始めました。
    ご連絡されるときはここを見たとご一報くださると助かります。


posted by 学 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 暦の調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん。
中国では太陽暦の正月なんてなーんも関係ありません。今頃みんな実家に帰って大忙し!
Posted by たか@帰国 at 2005年02月08日 12:40
カレンダー、載せて頂きとっても嬉しいです。あありがとうございました。私は東京に住みながらも自然農・自然食・シュタイナー等に憧れ続け、10年ほど前には奈良の川口さんの畑に見学に行ったこともあります。でもなかなか一歩を踏み出せず都会生活なのですが・・。昨年より小田原のCLCA(NPO子どもと生活文化協会)http://www.clca.or.jp/intro.htm の畑を10坪お借りして月一回位ですが、なんちゃって自然農を楽しんでます。学さんのHPを見て、先月映画「ガイアシンフォニー第5番」を見た時のような「未来」を感じました。機会があったら畑、見に行きますね。今日は新月、新しい年の始まりです。
Posted by オガワチアキ at 2005年02月09日 10:06
オガワさん、いらっしゃいませ。
不思議な繋がりですねー。自然農、自然食、シュタイナー、そして旧暦カレンダーとは。といっても私もまだまだインチキ野郎です。まさか「ガイアシンフォニー」を比較に出されるとは夢にも思わなかったですが、そのご感想の期待に反さぬよう、「未来」へ生きるぞと気合を入れてみました。壁にカレンダーを掲げてエネルギーをいただきます。ありがとうございました!

※ガイアシンフォニーについてはこちら↓でフォロー
 http://104.seesaa.net/article/523134.html
Posted by インチキ百姓 at 2005年02月09日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。