注)記事の日付は太陰暦を用いております

2011年03月31日

原発事故をうけて@

如月廿七日 晴れ

 前回から二週間明けて訪れた献血センターは、春休みにもかかわらず、いややはり、というべきか少し閑散としたいつもの献血センターの風景に戻っていた。日常は、こうしてまたひとつずつ戻り始めていく。採血中に、いつも読む手塚治虫の単行本をめくっていたが、流れてくるTV番組を横目で見ながらどうしても無視できない風景が報道されてきた。茨城県のピーマン農家、ハウス栽培で今が収穫時期の、通常1箱2000円の品が、400円で買い取られているという。ハウス栽培であるから、露地栽培よりも比較的放射性物質の影響が少ないとされるものですら、こうした捨て値とも思われるような悲惨な状況。露地モノの買い取り価格は果たしていったい。

 この一週間、震災の直接の被害からはほぼ回復した感のあるつくば。小生を含めて周囲の関心は、原子力発電所からの放射能による生活への影響へ移り始めている。農作物を育てるという立場に少なからず足を置いている自分にとって、「食」と「農」が放射性物質の放出という事態に対してどうあるべきかが突き詰められているのは、間違いない。いわゆる「放射能」の恐れからある程度離れた場所で、万が一、百万が一の健康被害をはやし立てるのは自由だ。その「きれいな」土地で、水で、空気の下で、怖い怖いという自由は誰にでもある。しかし、福島県民、茨城県民は、その土地で生き、住み、可能な限りこれからも生活するしかない。その厳然たる事実を僅かでも想像していただき、いたずらに感情的になって放射線の影響を恐れることなく、受け入れるべき共有遺産として認識することができるか。それが今私が膨らませることができる、唯一の希望である。

 今回の原発事故による環境への影響は、普段からの思想や職業など立場の違いによって、楽観悲観それぞれ様々に判断され、だからこそ猥褻なほどに情報が飛び乱れ、一体なにが正しくて何が間違っているかがおよそ冷静に見分けにくい、一種の混乱が生じている。だとしたら小生は、少なからず農産物を提供しているという立場として、できうる限りポジティブに、できうる限り予断を廃し、できうる限り科学的に、現状を解釈して提供することが自分の仕事であると理解して、平成23年3月31日時点での私見をまとめてみることにした。

 詳細、論拠は後ほど述べることにして、現時点での見解を以下にまとめる。


0.福島原発関係各者の渾身懸命の修復作業により、今後1ヶ月程度の期間で危険状況が収束してほしいという希望的予測を前提に考察しており、事態によっては後に判断が変わることも当然もある点をご了承いただきたい。

1.つくばで観測されている放射線量はごく少量であり、分析されている放射線核種の種類の放射能の強さから判断して、人体への影響はほとんどないと考える。

2.観測されている放射線量は、現在の強さが仮に一年続き、24時間365日外に出続けたとして、世界平均の人が受ける年間天然放射線量の同程度(3mSv)であり、足して倍(6mSv)。その量は、CTスキャンを一回受ける被曝量よりも少ない。

3.よって外部被爆の程度は、マスクや、部屋への持ち込み予防などに気をつければ通常被爆の上限範囲として人間生活にほとんど問題ない。一方屋内での放射線量は、外気の観測値の4分の1〜10分の1とされる。

4.飲食物による内部被爆は、厚生労働省の指標で制限されている放射能を超えない限り、過度に健康への影響を考える必要は無い。

5.なぜなら、仮に制限値いっぱいの最高値の水1.65L、牛乳0.2L、野菜0.4kgを毎日食べ続けたとしても、30日でようやく遺伝子が一つ傷がつく程度の放射線量(1mSv)であり、その放射線量による遺伝子の傷は一日経てば生命の修復活動で修復される。

6.体内摂取された放射性物質(ヨウ素、セシウム)は、半減期、体内排泄、代謝などで20日から数ヶ月で無影響化、もしくは体外に排出される。上の30日間の例は、これらの半減期なども計算された数値である。

7、甲状腺にたまる怖れのあるヨウ素131は2ヶ月でおよそ250分の1に減少、4ヶ月では約3万分の1に減少し、一部筋肉に入る怖れのあるセシウム137は70日後に2分の1になるが、そもそもチェルノブイリでの症例に筋腫瘍などの事例は一例も報告されていない。

8.チェルノブイリでは、比較にならないほどの放射性物質の大量、大規模拡散が起こり、また汚染地域での適切な生産物管理や検査が迅速に行われなかったために被害が拡大したとされる。

9.チェルノブイリでの調査報告では、ヨウ素対策などが不十分で、かつ大量被爆したとされる、当時15歳未満の若年層における甲状腺ガンがほとんど全ての症例で、他の白血病、他部位のがん患者の発症は、原発事故との直接の因果関係は証明されていない。

10.日本の現時点での放射線量の調査や生産物への摂取制限の規制はある程度機能しており、チェルノブイリのように管理の目が届かないような飲食物の摂取による体内への悪影響は起こりにくいものと予想できる。

------------------



 以上、まとめた上記の点について、入手した情報や論拠を紹介しながら、もう少し詳しく、判断理由と、現状での原発事故による環境、人体への影響についての雑草屋としての考えを書いていきたい。なおここでは、政府や各研究機関などの発表や報告値に一定の信頼を置き、またそれら専門機関外の意見、分析なども雑草屋個人として信頼に足り得ると判断したものに準じて考察を進めている。(政府は信用できない、マスコミは嘘つきだ、雑草屋はインチキだ、という信念を貫かれるという方は、これ以降読む価値はありません。) 


 今回の東京電力福島第一原子力発電所での事故による、現時点(平成23年3月28日地点)での放射性物質の拡散についてのつくば市の状況からみていく。まずは事故により、放射性核種のヨウ素(I-131やI-132)とセシウム(Cs134やCs137)の拡散が全国各地で観測されている。つくば市では、高エネルギー加速器研究機構(KEK)、産業技術総合研究所(産総研)において、放射線量が震災以降継続して測定されているが、第一原発での建屋の爆発後と影響と思われる、15日の産総研での1.54μSv/hを最高値以降、降雨時など多少の増減を見せながらも0.5μSv/h以内で減少傾向にある。★1 産総研での放射性核種の調査では、ヨウ素、セシウム、キセノン、テルル(日常生活に既に存在する放射性核種を除く)などから放射能が観測されており、最大の値は15日に観測されたヨウ素131の124Bq(ベクレル)と報告されており、放射線量同様以降減少傾向にあり、28日時点ではヨウ素131が1Bqのみ検出され、他の核種でのベクレル単位での放射能は0の値を示している。(これは測定機械の限度によるものと思われる。) ※30日での計測では、ヨウ素131の他にもテルル、セシウムも微量検出された。★2

 ★1 参考:つくばセンター放射線測定 全結果
 ★2 参考:つくばセンター放射線測定結果 


 WHO(世界保健機構)が3月22日にまとめた資料によれば、世界平均で人は一年間におよそ3.0mSv/年被爆している。★3 (日本の平均では約2.4mSv/年とされています。★4) 例えば産総研で3月28日に観測された値で最も高い0.35μSv/hが1年間続いたとすると、0.35×24(時間)×365(日)=3066μSv/年となり、約3mSv/年となる。よって、仮に24時間365日外出を続け、さらに今の観測数値が減少せずに継続するとして、世界平均の天然放射線源による被爆量の倍の6mSvの放射線量を合計して受ける計算となる。ちなみに、CTスキャン1回に受ける放射線量は約7mSvである。世界でも天然放射線(自然放射線)が高い場所は、イランのラムサール(平均10.2mSv/年)やブラジルのガラパリ(平均5.5mSv/年)などが知られているが、これらの自然放射線の被爆地域と、一般的な地域に住む人々と健康状態になんら変わりはなかったと多くの調査で明らかにされている。★5 参考までに、実家のある福島県いわき市の30日時点での最高値は0.81μSv/hであり、こちらはつくばと同様に1年間続いたとして、7095μSv/年(約7mSv/年)の計算になることを、是非とも冷静に知っていただきたい。★6

 ★3 参考:世界保健機構「日本の原子力問題 FAQ(よくある質問)」 (2頁) 
 ★4 参考:東京電力「放射線と放射能」
 ★5 参考:自然界に存在する「自然放射線」のお話、高自然放射線地域に住む人々
 ★6 参考:いわき市内の環境放射能測定値(3月30日)

 以上は、外部被爆つまり体の外側からの放射線量についての判断材料として考えなくてはならない。マスクをして、家に入る前には衣服を十分に叩いて埃や塵を落とし、直接体の中に放射性物質を入れないとした場合の計算である。また、屋内での放射線量は、壁などによる遮断なども考慮すると、屋外で観測された数値の4分の1〜10分の1程度になるとされている。(こちらは内部被曝も考慮された低減値とされている。)★7

 ★7 参考:原子力施設等の防災対策について(改定案)平成22年5月(93頁〜95頁)

 内部被爆のうち、まずは呼吸による放射性物質の吸入ついて考える。概ね大気中に観測される放射線量と呼吸による内部被曝の値は同等と考えられるようであるが★8、これは通常の呼吸の場合であり、マスクなどの花粉症対策のような吸入対策をある程度することで、つくば市程度の放射線量の観測値であれば体内に吸入して被曝する量は微量である(最大でも、外部被曝の放射線量の倍と推定できる)。よって、現状の放射線量の観測が漸次的に改善傾向に向かうとすれば、呼吸による内部被爆は必要以上に心配しなくてもよい。このレベルの被爆を過度に恐れて、児童などの外遊びなどを制限することによるストレスや恐怖感が与える精神衛生上の悪影響を恐れる声もある。★9 ★10

 ★8 参考:外気からの内部被曝のリスクを、ざくっと計算してみた(新データで改稿)
 ★9 参考:日本医学放射線学会「放射線被ばくなどに関するQ&A Ver.3」
 ★10 参考:福島県立医科大学小児科「震災関連情報」

 ではいよいよ、飲食物による内部被爆についてである。これは今現在関東東北住民の最大の関心ごとといってもよく、小生にとっても最も考えるべき問題である。結論から言えば、つくば市での放射線量、放射能の観測値から鑑みれば過度な心配は必要ないと考えている。あえて私見を許していただければ、福島県産、茨城県産を問わず、行政基準判断で出荷可能となった生鮮食品は、全て通常通り飲食しても問題はないと思っている。順を追って考えていきたい。

 チェルノブイリでは、福島原発では発生し得ない、事故状況と爆発による大規模な放射性物質(ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、プルトニウムなど)の拡散により、周辺住民および遠方住民に対しても深刻な放射能汚染が起こった。★11 しかし福島では震災直後に原子炉は活動停止しているため、余熱と反応による放射性物質の生成は発生しているが、チェルノブイリのような大量の、大規模な流出は、あくまでも現実的ではない。★12 原発の推移は、あくまでも希望を込めて収束に向かっていってくれるはずと全身全霊を込めて祈るばかりである。WHOの緊急被曝医療協力研究センター長を勤められた長崎大学の山下俊一教授によれば、チェルノブイリの事故での、現場作業者や直接に大量被爆した者を除いた被爆者の実態では、12万人のデーターのうち発ガンなどの疾患で確認されているのは甲状腺がんが唯一とされている。その甲状腺ガンの発症者の多くは、当時15歳未満の児童であると確認されている。★13 既に多くの方がご存知のように、甲状腺ガンは、ヨウ素131が甲状腺に取り込まれることにより誘引される恐れがあり、その点を考えれば、ヨウ素131の体内摂取をできうる限り抑えることが予防として望ましい。また白血病やその他のガン発症例は、被爆量との明確な関連性がみられないと報告されている。また、セシウム137は体内に入ると筋肉に蓄積されると言われるが、肉腫などの筋肉のガンも1例も報告されていないという。しかし少なくとも、チェルノブイリ後20年経過した現時点での報告であるので、今後のことも考えて全てが心配ないとするわけにはいかないのは言うまでもない。 

 ★11 参考:チェルノブイリ事故における甲状腺癌と、日本における管理基準
 ★12 参考:「最悪シナリオ」はどこまで最悪か
 ★13 参考:今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう 1/5

 それでは、チェルノブイリほどではないとして、各地で計測されているようなヨウ素やセシウムの放射能は、体内摂取した場合にどの様な影響があるか具体的に考えてみたい。まずは、半減期について。放射性物質は、生成後から放射線を発し続け、元素によって放射線量が半分に減る時期が決まっている。例えばヨウ素131は8日ほど、セシウム137は約30年である。★14 これによればヨウ素131は、16日後には4分の1、32日後には16分の1、64日後には256分の1となる計算となる。また、内部被爆を考える際、生物学半減期という概念も考慮しなくてはならない。これは体内排泄により体内から出ていくことによる量としての半減期である。これも例をあげれば、ヨウ素131は甲状腺で120日、その他の臓器で12日ほど、セシウム137は、70日程度とされている。★15 上記の二つの半減期だけを踏まえて考えてみると、ヨウ素131は、甲状腺に入ったとしても60日後には物理的半減期では約250分の1、これに生物学半減期として1.5分の1を掛け算して約400分の1になる計算となる。またセシウム137はどちらにしても数ヶ月の体内残存が考えられるが、先の山下教授の報告をみれば分かるように、チェルノブイリでの症例は報告されていない。さらに、生物の代謝機能の面から考えてみる。福岡伸一氏の著書「動的平衡」などでも多く取り上げられているが、体内の原子分子は、細胞内を常に移行して摂取と排出を繰り返すことによって生物は生命を維持していると言われている。★16 大雑把に言ってしまえば、数ヶ月で体内の細胞内の原子分子は全て入れ替わるという。もちろん希少元素や各種器官によっては若干の差はあるだろうが、それでも入れ替わる。セシウム137などは、カリウムと誤って体内に取り込まれるとされるが、これらカリウムなどミネラルは、適度な塩分摂取などによって随時細胞内での交換が行われており、チェルノブイリでセシウムによる筋腫などの被爆症例が確認されていないのは、ひょっとしたらこのことも関係があるのだろうか。★17 またここからは余談であるが、長崎原爆の後、ある医師がワカメなど(カリウムが豊富)の味噌汁(塩分=塩化ナトリウムが豊富)の摂取を被爆した病院関係者に与えたところそのスタッフに原爆による症状が発症しなかったという話があるのも、そうしたことに関係があるのかもしれない。★18

 ★14 参考:半減期ってなあに?(動く図を使って)
 ★15 参考:放射性ヨウ素と放射性セシウムの生物学的半減期
 ★16 参考:シェーンハイマーの動的平衡論
 ★17 参考:放射能は、体外に排出できる
 ★18 参考:被曝に塩・玄米・味噌を!!

  厚生労働省から発表された「飲食物摂取制限に関する指標」によれば、飲料水、牛乳、乳製品などの暫定製規制値は放射性ヨウ素で300Bq/kg、放射性セシウムで200Bq/kgとされ、野菜類では放射性ヨウ素で2000Bq/kg、放射性セシウムで500Bq/kgとされている。(ウラン、プルトニウムに関しては現時点で飲食物については観測されていない)。★19 これは非常時の基準であるため、非常時つまり永年持続するものではなく、ある程度短期間で事態が収束するものと想定し、持続的ではない期間として摂取しても影響がないと判断される基準値であり、WHOが定める通常時(つまり永続的に継続するであろう環境での基準値)の数値に比べて、30倍ほど高めに設定されている。★20 さらに言えば暫定規制値とは、影響を受けやすい子供が大量に摂取したときのことを想定して考えられた基準なので、イメージとして100万分の1の危険を防ぐような発想で導かれている基準だとされている。★21 実際の数値で言えば、水や牛乳の暫定規制値は、乳児がそれらを摂取して1年間で11.1mSv(年間の甲状腺被ばく上限値)を超えないように決められ、同様に、菜類は幼児がそれを摂取して1年間で11.1mSvを超えないように決められており、その結果として1kgあたりの暫定規制値が算出されているのだ。★22 
 さて、ここでそもそも考えなければいけないのは、1mSvが意味する体への影響についてである。μSv(マイクロシーベルト)からmSv(ミリシーベルト)まで毎日この単位を聞かされているが、数字の基準と制限値ばかり耳にして、一番大事な点、いかに体に影響を与えるかが示されることが少ない。大雑把に言うと、1mSvの放射線を浴びてようやく、細胞内の遺伝子約2万2千個のうち1個に傷がつくという意味だという。ところが生物の身体はうまくできていて、放射線で遺伝子が傷ついたとしても、傷ついた遺伝子を修復する機能(DNA修復酵素)が備わっており、1日で修復してしまうと言われている。★23 もう少し大きな単位で考えてみても、これまでの医学的な研究では100mSvの蓄積以上でなければ発がんのリスク上昇は認められず、危険が高まると言っても、100mSvの蓄積で0.5%程度であり、喫煙(これも異論はあるが)や食事による発ガンのリスクのほうが圧倒的に高いとされていることをいまさらながら知るべきでもある。★24

 ★19 参考:放射能汚染された食品の取り扱いについて
 ★20 参考:放射線の暫定規制値について調べてみました
 ★21 参考:今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう 4/5
 ★22 参考:「暫定規制値」とは
 ★23 参考:山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関係」講演会(前半)
 ★24 参考:東京大学医学部附属病院放射線科の中川恵一によるまとめ

 以上の考察より、今後流通される生鮮食品や、水道水の飲食摂取については、政府や関係機関による測定値や出荷制限に準じた数値を丁寧にチェックし、かつ信じるとすれば、これまでの生活と同じような生活を過ごしたとしても明らかに人体への悪影響が起こる可能性は少ないと(個人的にはほとんどないと)考えられる。


 ただし、健康被害というものは確率論ではないのも事実であり、万が一、百万が一の確立であっても誰か(もしくは自分)に訪れることを考えれば、妊婦や乳幼児がこのリスクを避けることは、感情的に正しいとも言える。しかしあくまでも私見ではあるが、そのリスクは、農薬による悪影響、化学物質による悪影響、ストレスによる悪影響、生活習慣による悪影響などに比べても少ないリスクであり、必要以上に過敏になることが全体として健康に良いかどうかは皆さんの各自の判断にゆだねるしかない。外気にさらされたとしても、最近のつくば市では、人体のレベルに影響を与えるほどの放射線量は計測されていない。飲食物も、測定されていて基準値を下回るものであれば普通に食べても問題ない。であれば、外を元気に駆け回って、いつもどおり日常を満喫することでストレスをためないほうが、免疫学的にも健康ではないかと思えてくるのだ。本当の意味で、原発周辺の近隣地域の方々の今後の心労、身体への影響、環境の汚染などは、深刻極まりないものであるのは間違いない。しかし、そうした政府勧告外の地域に降り注がれている必要以上の「恐怖の連鎖」は、冷静で科学的な、そして僅かばかりの愛情や、負の財産としての共有意識などによって、少しでも多くの方々が足かせなく前向きになれる為に断ち切るべきなのだ。できることなんて、何もないけど。不安な人たちの多くの感情にかき消されるのかもしれないけど。現実の汚染に、無常に希望が打ち砕かれるかもしれないけど。だとしても、こうしたゆるやかな声が少しでも広がってくれることを望まずにはいられない。


 あーーーーーーーーーーーー、疲れた。一週間、ジャガイモの植え付けのピークを完全に後回しにして、部屋に引きこもって頭の整理してこの程度。文系って、こういうときに死ぬね。あ、原発、これ以上こんなのもう絶対嫌ですので、反対です。わし。

posted by 学 at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 本質を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
農作物への影響は空間線量よりも降下物に
よるものの方がはるかに大きいです。
しかもやっかいなことに、降下物の量は
場所によるばらつきがとても大きく、
蓄積も現在進行形で続いている状況。
とりあえず、私が参考にしているサイトの
URLを以下に記しておきます。
http://bit.ly/ekb54T
http://bit.ly/gUINEi
http://bit.ly/ff7m03
あと人の健康への影響に関しては
下記のような資料もあります。
http://bit.ly/ga3a83
ご参考まで。
Posted by nakazato at 2011年04月01日 08:57
すみませんリンク先のURLが1個間違ってましたので訂正しておきます。

文科省発表の定時放射性降下物データ
(3/22朝から3/23朝までの1日分)
誤)http://bit.ly/gUINEi
正)http://bit.ly/h12BT2

距離が離れていても風向きや降雨、地形など
の関係で局所的に降下量が高いところが
できてしまうのが悩ましいところです。

ちなみにこれまでの毎日の降下量は
以下のURLで確認できます。
http://bit.ly/guZ8bp
Posted by nakazato at 2011年04月01日 09:23
>nakazatoさん

貴重な情報源ありがとうございます!
とてもいいサイトばかりですね。参考になります。

降下量による土壌、農作物への影響は、私の目下の最大のテーマです。一人一人の考えから、寄り集まって文殊の知恵、打開へのポジティブマインドが開かれていくことを信じて、また情報交換していきましょう。話しましょう。

nakazatoさんの理系マインドで私に欠けている部分を補っていただけることを勝手に期待してます。

Posted by 雑草屋 at 2011年04月02日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック