注)記事の日付は太陰暦を用いております

2011年04月05日

chaos

弥生三日 【清明】 晴れ

 何度も何度もテキストを書いては手が止まり、進めては止まる。これは何を参考にしたのだったかとネットを彷徨ったが最後、善意と悪意の渦に飲み込まれて、次々に新着情報が飛び交うカオスに巻き込まれて、さらに自分を見失う。

 カオス。今飲み込まれんとしている、最大の敵。放射能でも、政府でもマスコミでもネットでもなく、それを全て飲み込んで揺さぶっている、本当に自分が向き合うべき敵は、カオスだ。

 ナウシカが飲み込まれそうになったのは虚無であった。腐海という、動かしようがなく向き合うしかない宿命を前にして、それでも前に進もうとしたナウシカを襲った虚無。
 今、日本人には、動かしようがない事実が確定せず錯綜し、向き合うしかない宿命自体が無限大の振れ幅でさまよってしまっている。そんなカオスが、ナウシカを飲み込もうとした虚無のように、日本全体を飲み込もうとしている。

 しかしナウシカはその虚無を克服し、腐海と共に歩むことを選んだ。希望と共に前に進んだ。
 我も、必ずやカオスを克服し、前に進む道を見つけなければならない。それは、前に進むことを決めた者が背負う、権利であり責任である。

 いや、ただ俺一人だけが、カオスに溺れているだけなのかもしれないのだけど。我ながら小さいなあ、肝が。


 …今日はこれしか書けません。なんという駄文。あれー意外にまいってんのかしら。やだやだ。たまには、溺れてもいいかもね。あー恥ずかし。 I'm still in the chaos,but...
posted by 学 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック