注)記事の日付は太陰暦を用いております

2006年09月27日

よどむ

葉月六日 雨のち曇り

 メンドクサイ。

 小生を構成する要素はいったいどれほどこの言葉で占められているのだろうか。

 雨も曇りも関係なく、やる気も怠ける気も中途半端で、時間が過ぎる。

 数日前の「ワクワク感」とやらはいったいなんだったのか。


 答えはいつも、自分の中に。
posted by 学 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メンドクサイ。
私もよく思う。それでもやるのは面倒臭さに勝る何かがあるからだと思う。
面倒臭いと思う価値すらないこともたくさんあるからね。
Posted by acha at 2006年09月28日 23:56
>acha
コメントさんくす。毎日が、面倒臭さとの戦いです。そういうときは、地元の言葉で「がんばっぺー!」と気合入れるとなぜか、少し前に進むんだな。原点って大事。なのか?(笑)
Posted by インチキ at 2006年10月05日 19:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック