注)記事の日付は太陰暦を用いております

2006年10月22日

ほとばしらせる

長月一日 曇り

 畑は秋の葉野菜たちが育ち始め、収穫を残した夏野菜たちはそろそろと命の終わりを準備し始めている。誰にも、何も言われることなく、彼らは自ずから、自らのできる範囲で、次の世代のために生きようとする。

 m061022gohya


 枯れ草の中にひときわ目立つ、まっ黄色の果実の体内に、鮮紅色の種をほとばしらせる苦瓜。他のウリ科の果実がひっそりと枯れて体内に種を残すのとは対照的に、見事に裂けて種を飛ばさんとする姿と色の激しさに、驚きと畏れを抱く。大事に大事に種をいただき、また来年の命へ。
 
posted by 学 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
苦瓜の種って食べたことある??
我が家で採れたものは、食べさせられる、というか舐めさせられる。甘いけど、私はあんまり好きじゃないんだよねー。
Posted by acha at 2006年10月28日 08:44
食べるの?

しかも舐める??

そんでもって甘い???

奥深いな〜〜。我輩は来年の種に採っておくだけに、とりあえずしとくね(笑)。

で、何で舐めさせられてんだachaは♪
Posted by インチキ at 2006年10月31日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック