注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年03月26日

めっきりと

如月十七日 晴れ

 日中は、めっきりと暖かくなった。春分も過ぎてもちろん、西日の落ちる時間もだいぶのんびりとしてきたようだ。夕方畑から戻ったあとの外出についついバイクを飛ばしたくなり、冬の間に埃のかぶってしまったヘルメットを取り出した。
 バイクからの景色は、車のときよりも周囲の畑や田んぼに意識が届きやすくなる。自然と、今の季節の熊谷市周辺での農風景が目に入りだす。田んぼには、二毛作の麦が青々と広がり、畑には、畝を高くしたネギ畑が目立ち始め、とう立ちした菜っ葉類は、菜の花の準備に黄色く染まりだしている。そうした周囲の景色はいつもインチキ百姓のバロメーターとなり、少し遅れて当農園にもやってくるのである。
 夕食を済ませた帰路、東南の空高く、満月を一日過ぎた月が明るく明るく道を照らしてくれていた。どこまでも白く、そして刺すような強さで、春の乾いた夜にくっきりと。まだ残る冬の寒さと、道端に香る春先の花の匂いと、ほのかに強みを増した月の明るさ。初春の夜のバイクには、そんな楽しみがついてきた。

 
本日の作業:ジャガイモ3種の植付け(計46個)、えんどう豆のつるの支柱作り(一列)、田んぼの溝きり(10m)
posted by 学 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 暦の調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック