注)記事の日付は太陰暦を用いております

2012年04月08日

趣味雑感

弥生十八日 晴れ

第十三候:清明初候
【玄鳥至(つばめきたる)】
=燕が南からやって来る=
 (新暦4月4日頃〜4月8日頃)
※今年から七十二候を取り入れてみました※


 趣味が多いほうではないと思うのだが、趣味に至る手前のようなものはそれなりに手を伸ばして楽しむほうかもしれない。趣味と呼ぶのはやぶさかではあるものの、自然農は今のところ、ここ数年ナンバーワンの地位を譲らずまだまだ座を受け渡す気配はなく、とはいえ従来も今も様々に興味をそそられるものはあるよね。趣味的になっていようといまいと挙げてみれば、最近のものでは身体操法、トラッキング、瞑想、スラックライン、聴く話す時間、昔からならサッカー、アカペラ、スキーなどなど。取りとめもないようでいてこれらの羅列には、自分の中でくっきりと繋がるものがある。それは、スポーツ系か否かに関わらず、肉体化していく過程に言語表現を超える感覚的な感性が働くことである。言葉で論理化しながら追求していく行程もそれなりに楽しいものだが、それをはるかに上回る楽しみが、経験や感性を肉体や感覚の反応に応用させながら具現化していく過程に存在する。体感や感性を働かせて気付く発見があり、それを実際に身体や感覚の操作に落としこんでいく実践があり、それを習熟させてまた次の発見につながっていく。この持続的ループを内在する過程が、またさらに飽きることがない楽しさのポイントのようにも思える。単なる結果の成否の楽しみではなく、あくまでも肉体化の実践を通しての経過を楽しむ。そういった意味において、サッカーでのゴールシーンも、アカペラでのハーモニーも、スキーでの滑降も、小生の中では同類のエクスタシーなのですわ。

 ジャガイモの植え付けもまだまだ終わらせていないのに、絶好の作業日和の午後を潰し、今日は月に一度の稽古会にお邪魔した。ここ二年程、古武術の体の動かし方を中心とした身体操法を学ぶ「つくば身体操法研究会」に参加させてもらい、様々な達人の先輩にご指導いただいているがこれがすこぶる面白い。詳述するには若輩者すぎる為いずれまた機会のあるときに譲るとして、いやあ面白い。自分の体の無駄な使い方、不自然に力が必要な動き、疲れの残りやすい姿勢、これまで三十数年間付き合ってきた自分の体の「できなさ」加減が、少しずつ「できそうな」感覚に近づく歩みは、スピードは遅くとも素直にとても楽しいのだ。
 さてこの研究会(参加されている皆は稽古会と呼んでいるのだが)の前座の遊び(もしくはトレーニング)として取り入れられているスポーツに、スラックラインがある。一言で言うならばモダンな綱渡りスポーツといったところだろうか、これがまた身体操法に劣らず、感覚を肉体化していく過程が格段に面白くて困る。数メートルに張った(場合によっては10メートル以上にも)特殊素材で編まれた帯状のラインの上に乗り、歩いたりジャンプしたりしながらバランスをとるという実にシンプルなスポーツ。それでいながら、実に奥深く、何よりも夢中に乗り続けてしまう中毒性がある。この感覚にはまってからは、稽古会を主催されている居候氏が所有するスラックラインを強制収用しては裏庭に張っては乗り、畑の雑木林に張っては作業合間に乗り、ユルユルの腹が少しでも締まらんという邪念も乗せて一人で体幹トレーニングに勤しんでいる。少しずつ試行錯誤していく度に、スキーや身体操法、ひいては農作業時の体の動かし方にまでヒントとなり、それがまた巡ってスラックラインの動作へのフィードバックになり、その連動性、継続性がまたたまらない。まだまだ、初心者レベルではあるのだがね。

20120408slackline2.jpg  20120408slackline.jpg
いやはや、こんな感じなんですけども。


 これらの趣味に共通する楽しみは、肉体化していく過程の感覚の面白さと充実感と難しさにある、と個人的には考えている。そしてこれ以上言葉を並べてるとその体験が泡のように消えてしまう感じの不安定さがまた、奥深いところなのだと思う。自然農も然り、言葉で全て表そうとすることが無理、もとい勿体無い。体感して、肉体化して、そしてそれをもとにさらに目の前の実践に反映させていく。その終わりなき実践。

 それで言えば、世の中の諸事に対して不満や不平をすぐに発火させたくなるような自分はいるものの、TPPだろうがセシウム基準値見直しだろうが遺伝子組み換え作物だろうが原発再稼動だろうが、すべては自分ごととして肉体化とは言わないまでも生活化させた上で自身の考察をすべきだと、省みずにはいられなくなる。言葉と情報と思い込みによる考察ではなく、確かに自分とつながる点からリアルに肉付けさせた不平不満、そして提案であるべきだと。一見関係ないようなことなのだが、小生の中では、とても大事なことに思えてくるのだ。今はこれ以上は言葉は出てこない、趣味雑感なのでした。


※スラックラインについて
 スラックラインの歩き方・・・スラックラインについて大変よくまとめられています。非常に充実したサイトです。

posted by 学 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 学びを知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック