注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年04月05日

歓談日和

如月二十七日【清明】晴れ

 050405ooinu

 【清明】…万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也(暦便覧)
      清浄明潔の略。晴れ渡った空には当に清浄明潔という語がふさわしい。
      地上に目を移せば、百花が咲き競う季節である。
      ※読み:セイメイ
      <参考:こよみのページ

 まさしく!と膝を打つ。だからこそ二十四節句を律儀に追う理由でもある。我が自然農園にも「清明」来たり。
 周りの田畑は、この百花が咲き競わん頃、ぐおんぐおんと耕運機に走り回られ雑草雑花を根絶やしにされて丸裸の土になるのが常である。雑草や野花たちに覆われた畑で野菜作りをすること。どれが良い、どれが悪いという価値観を超えて、そこにたたずむことが嬉しいということ。それが自然農の魅力ではないだろうか。
 さてさて、畑に腰を降ろして、しばし雑草たちと歓談しよう。もうすぐお前たちの少しを刈り取って、野菜の種を蒔く時もくるのだから、その時は許してくれよな。それまでは仲良くやろうぜ。な。

050405nonohana 050405tsukushi
オオイヌノフグリ(青)、ホトケノザ(紫)、菜の花(黄)  ツクシ


posted by 学 at 18:47| Comment(3) | TrackBack(1) | 暦の調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イヌフグリ、かわいいよね。あのちっちゃさと澄んだ青が好きで、いっつもじっとみつめちゃうよ。でも、ツクシは伐って煮られて胃袋の中へ・・・。
Posted by acha at 2005年04月07日 00:01
こんちは。ツクシに誘われて初書き込みです。目に楽しい写真がいつも嬉しい!

私もツクシ、小さな頃よく食べました。家族で摘みに行って、みんなで頭とヘタをとって(頭は胞子?が苦いからNGだった)お出汁と醤油で煮含めて。なつかしいなぁ。いま思えば良い酒の肴かも!
Posted by ブン at 2005年04月07日 00:19
acha、ブンさん さんきゅー。(二人とも日記拝見してますぜい。ROMばかりなので今度遊びに行きます。)

「つくし料理」、実は作ったことも食べたこともないのだけど、材料は山ほど転がっているし、料理方法とか調べたら簡単そうだし、今度いざ挑戦してみるね。
顛末はまた報告しまーす。
Posted by 学 at 2005年04月09日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

つくし料理
Excerpt: つくし料理って食べたこと あります。? 私は 子供も頃なんどか 食べた経験があります。 つくし料理ってこの季節しか味わえない 料理ですよね。 つくしって 子供の頃は 何処にでも 生えていたものですが ..
Weblog: ■Net income.com■   マーケティング-リサーチ 
Tracked: 2006-04-12 20:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。