注)記事の日付は太陰暦を用いております

2012年07月22日

船は港を出てそして帰港す

水無月四日 曇り時々晴れ


「話す・聴く・気づきのワークショップ」号にご一緒に乗船した
皆さんと、今日のテーマ、「自然農」周遊コースを一緒に
巡り、そして今、港に戻れたような、そんな気持ちです。


 どんな思いで港に集まり、どんな気持ちでこの船旅を過ごし何を眺め、そして港についた今、もしくは家路についた後にどんな残り香をいだくのか、それは結局は集まっていただいた方々の中にしか答えはないのだが、ワークショップの短すぎた4時間を終えた後に発していたのは、そんな言葉だった。

 今日文字にできるのはこれくらいかな。


「話す・聴く・気づきのワークショップ」号は、毎月出航します。
8月の周遊コースは「生命」、9月は「野性感覚」を辿ります。
乗船希望される方は、どうぞ HP までアクセスください。


 
20120722afterthetrip.jpg

 せめてもの余韻をファインダーに収めたくて、帰港直後、船を降りてお話しされているお二人の光景を写してみた。いったいどんな旅だったのか。砂時計、トーキングスティック、そして外された名札たちこそが、それを知っているのかもしれない。


posted by 学 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 学びを知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック