注)記事の日付は太陰暦を用いております

2004年07月10日

雨待つ空

皐月二十三日 曇り時々雨
 住民票移動の時期の問題で、参議院選挙は東京ですることになり土曜日に期日前投票を済ませに行った。午後にこちらに戻ると、西日本で大雨を降らせた雨雲がようやく辿りついていた。

 040710sora

 この曇天、いったい何日ぶりであろう。台風を待つ小学生のように、部屋から眺め外に出ては眺め、雨を待つ。
 かくして昼夕夜と待ったものの、昼過ぎにさらりと雨を落としただけで期待外れの雨雲はどこかに去って行ってしまった。聞けば東京では土砂降りしたとかしないとか。熊谷の晴れ男、いい加減にしろ。
posted by 学 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い写真!この構図は部屋から?とても素朴で大好きです。猛暑は作物に影響してるんでしょうか?私にはむちゃむちゃ影響中。
Posted by taka at 2004年07月13日 17:21
俺の部屋からはこんな景色しか撮れないからね〜。素朴でいいっしょ?
takaの仕事に影響ってどういうことかね。
Posted by 学 at 2004年07月13日 17:51
いや猛暑がやる気に影響中ってことです(汗

しっかし、いい景色。団扇でごろごろ。夕立も似合いそう。
Posted by taka at 2004年07月15日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック