注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年04月26日

小一時間ほど

弥生十八日 晴れ時々雨

 昼、急速に明るさを落としていった空から、急に辺りがけぶるほどの雨粒が降りてきた。見る見るうちに雨足は強まり、雷鳴が遠くから聞こえる。真昼の薄暗さに寂しさを覚えながらも、どこか暗さに徹しきれない空の明るさも残る、今年最初の雷雨。

 小一時間もすると肌寒い空気と穏やかな雨に、空は落ち着きを見せ始めた。しばらくすると青空さえ見せ始めた空になんとなしに天気予報をつけると、すでに台風3号が遥か太平洋の南を移動していた。季節はいつも僕らが思っているよりも先を進んでいる。


 灰色に 新芽を叩く 春時雨

 050426harushigure

 雨後の竹の子、そろそろ盛る頃かな。


posted by 学 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。