注)記事の日付は太陰暦を用いております

2007年03月11日

原点

睦月二十二日 雨のち強風

わら一本の革命

 この言葉の発するメッセージは、海や空、そして大地を包んで、一つの哲学や宗教となって現代に届く。
 
 小生が取り組む「自然農」の世界観を凝縮して濾過して昇華せられたもの、あるいは原点が、福岡正信氏の放つ「自然農法」である。「何もしない」が出発点であり結論であり手段であり、無耕、無肥料、無農薬、無除草を原則とする、自然の道、無知・無為の道。小生は、この大いなる哲学に魅せられながらも自身の内側には取り入れきれず、尊敬を持ちながらもそこまでは徹せられないのである。そしてまだ、よく解っていないのである。
 自分の理解の少なさをひけらかしたくはないのでこの辺でやめておきたいが、川口由一氏を中心に広めてこられた「自然農」は、作物をできるだけ容易に栽培することを結果的な目的としたもので、いわば福岡「自然農法」をソフトランディングかつ、一般化させた見事な手法だと認識している。
 
 かくして書物や写真、映像の中で見聞したのみの福岡「自然農法」ではあったが、先日ついに、そのお弟子さんの実践の場を訪れる機会を得ることができた。百聞は一見に如かずなのである。そして、言うは易く行なうは難しなのである。畝作りや草刈り、苗作りなどを超えて実践される畑の姿。生中継の自然農法。その初対面が楽しくて楽しくて、身を切るような春雨の中、我を忘れて見てまわった。

0703111fukuoka1

雑草とおぼしき草の中に、


070311fukuoka2  070311fukuoka3

タアサイや水菜が可愛らしく育ち


070311fukuoka4  070311fukuoka5

ゴボウの種が実を結び、大根が見事に背を伸ばす




 疑問、原点、工夫、混乱、発見、様々な煩悩を自分の中に種蒔きをして、見学した畑を後にした。実践されている方と今後とも連絡をお取りしながら、是非とも観察させていただきたい。


 Y田さん、ご紹介ありがとうございました。 
posted by 学 at 23:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 新しき出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごーい。
次に訪問される際は、小生も連れて行って欲しいです。
Posted by yama at 2007年03月17日 21:57
だいぶ復活気味でございます。
もう少し暖かくなったら、家族全員で行くわ。
その時はよろしく。

しかし、原点に立ち返った時、
その原点の浅はかさにとまどうこともある
今日この頃です。
Posted by furutanian at 2007年03月17日 22:31
原点の浅はかさかあ。なんだか身にしみる言葉だな。まあ所詮、人間の原点なんて一匹の精子ですしね(卵子でもいいけど)。浅はかって言ったら浅はかなんじゃないの?

って、furutanianの趣味に合わせてたら変な方向に行ってしまった・・・。
Posted by インチキ at 2007年03月19日 16:15
>インチキ氏
そうきたか!
とすると、そこまで原点に戻ると、
原点=本能を満たすこと
ってことか。
これは気が楽になる・・・・
いや!本能は細分化してそれを満たすことは
やはり難しい・・のか?
良くわからんようになってきた・・。
Posted by furutanian at 2007年03月20日 23:16
>yamaさん
場所は某埼玉県ですので、今度行くときはご一緒しましょう!つくし農園でツアーでも組みますかね♪

>furutanian
良くわからんようになってきたね(笑)。夜通し話して突き止めるのもアリっちゃアリだね。はよ来いって。
Posted by インチキ at 2007年03月23日 20:19
はじめまして。福岡さん農法は、「無耕、無肥料、無農薬、無除草」とありますが、鶏糞なんかを使っています。鶏糞は肥料じゃないんですか?
Posted by 伊非 at 2007年03月25日 14:41
>伊非さん

コメントありがとうございます。

福岡さんの真髄には辿りつくなど到底及びませんが、氏の言葉は、規則ではなく理念だと思っています。鶏糞を使ったりしていることは私も耳にしたことがあります。私の取り組む自然農でも、「補い」として米糠を振り撒いてあげることもあります。何がどう、と比較検証することができませんが、それは、それぞれが必要と思えば必要で、不要と思えば不要なのだと思います。

「鶏糞を使わないと福岡式自然農法はできないのか」
「鶏糞使っているなら無肥料じゃないのでないか」
「野鳥の糞は良くて鶏糞は駄目なのか」

と考え出したらきりはないのですが、それこそ氏の説く「無」からは果てしなく遠くにいるような気がしてしまうので、私自身は(大雑把に言えば)考えないようにしています。

実践する身として、「なるべくなにもしない」という理念をレンタルして、自然農に取り組んでいければなあというのが愚農なりのスタンスです。

答えになってなくてすみません。
Posted by インチキ at 2007年03月30日 01:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック