注)記事の日付は太陰暦を用いております

2013年09月17日

いいんだよ

葉月十三日 晴れ

 夕方、一仕事終えて畑から家路につく前に、ミニトマトを土産に採って帰ろうかという時の出来事。十分熟したミニトマトを手に取ろうとしたとき、その実に一匹のいも虫がついているのを娘と発見した。娘ががっかりするか、もしくは怖がって嫌がるかと思い、「あらあら虫がついちゃってるからこれは食べられないねえ。悪い虫め。」とすこし慰めるつもりで話した。すると娘から、「いいんだよ。虫さんに半分くらいあげたっていいよ。虫さんがかわいそうでしょ。」との答えが。

 普段から、自然農では2割3割は虫や動物やその他いろいろに税金でも払うつもりで食べられることも受け入れてみてはどうかと嘯く自分であったが、あらためて娘に伝えていたつもりはなかった。その哲学を、娘の口から聞くことになるとは。

 ちょっとした、心にほのかな喜びが灯ったような、そんな出来事。 想いは伝わるのかね。

 20130917tomato.jpg


第四十五候: 白露 末候
【玄鳥去(つばめさる)】
=つばめが南へ帰っていく=
 (新暦9月17日頃〜9月22日頃)
七十二候を“ときどき”取り入れています※



posted by 学 at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然農のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すてきだね。寝る前にいい話読んだわ。おやすみなさい♪
Posted by みほ at 2013年09月18日 00:32
>みほちゃん

コメントありがとう♪ 時々、こうして思いを通わせることもあるのです(笑)。
Posted by 雑草屋 at 2013年09月18日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。