注)記事の日付は太陰暦を用いております

2007年04月04日

折りしも

如月十七日 曇りのち雨

 昨日の夜から、コタツなしでは過ごしにくいほど冷え込み今日も夕方から冷たい雨が落ちてきた。天気予報では、明日の明け方6時には零度まで下がるとの予想。昼の間、外に日光浴させておいた苗類を早々と屋内に取り込んで明日の冷気に備える。

 折りしも、農園の皆から晩霜についてのやり取りがあった後であり、畑のソラマメなどが気になるところである。話では、水をかけて霜を溶かしてしまえばいいとのこと。稲藁で根元は覆ってはいるが、果たして。出来れば明日の朝は早起きして様子を見に行きたいのだが、さて。

 霜のことがこんなに気にかかるなんてなんだか、少しだけまた百姓に近づいてきたのかも、知れない。

 
posted by 学 at 20:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 畑の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとですね、「霜が降るかどうかはわからないねぇ」などと話していたばかりでしたので、
びっくりするやら心配やら。その後、どうでしょうか?(不安)。。。
写真変わったんですね。目の前で何か大変な事がおこってますね(笑)。。
Posted by yama at 2007年04月05日 21:22
ほんとだ。写真が変わってる。
どうしても拡大して見たくなる画像だわ。

私は、この前買ったロトの結果が気になるところである。

少しだけまた、現実逃避人間に近づいてきたのかも、知れない・・・??
Posted by kazzy at 2007年04月05日 21:41
写真は、気分です、気分。世の中には常にびっくりしていようという気持ちも込めて(嘘)。

>yamaさん
霜はどうやら大丈夫のようです。杞憂に終わってよかった。(まだこれからも心配は続きますけどね〜。)

>kaz
早く当てて招待してくんちぇ♪

Posted by インチキ at 2007年04月08日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック