注)記事の日付は太陰暦を用いております

2014年01月16日

リアル

師走十五日 曇り 

 
20140101shimekazari.jpg



 畑を離れて街を行き来している。
 新年すぐに風邪を患い、床にずっぷり臥して数日、そして復活。
 師走(旧暦)さながらに、月末の映画上映会に向けて奔走の毎日を送る。


 司令塔は妻。百姓は身体を動かすのがむいている。
 つくば市のお店、公共施設、教育施設、メディアへと、上映会の宣伝のために足を動かす。

 雑草屋とは別で、妻と立ちあげた市民団体。
 「つくばで持続可能な社会を考えるプロジェクト」=「つくサス」
 活動の第一弾はドキュメンタリー映画「地球交響曲」の第一番の上映会を開催することに。

 何のためか、何を動いているのか。  
 地球の上に、自然界の上に、人間界の上に、自分は生きているわけで。
 その上に立って生きていることに耳を澄ませよう、という映画だと思っている。

 第一番が製作されて20年以上、全国各地の自主上映会などによって人々の目に
 触れられてきた作品を、つくばの地で。

 自分も、20年以上人々の評価に耐えうる仕事を成しえるか。
 そういう覚悟も与えてもらえる機会になっている。

 自然農に出会って、10年以上の月日が過ぎようとしている。
 つくばに戻り、今の畑に立って7年目。
 新しい家族を得て2年目。

 その覚悟も新たに、今年を。
 いつまでも、百姓で。十に百に千に万に、できることならなんでもやれるような
 情熱と怠惰を兼ね備えて、リアルな百姓として、適当に生きていきたい。


 脱、インチキ百姓。
 これからは、堂々たる、リアル百姓ライフへ。

 つまりは、なんでもかんでも、さらに、持続可能な自然農スタイルの実践へ。
 今までどおり、さらに、今までどおり。
 家族も交えて、家族も背負って。

 さあ走れ! 畑も田んぼも、アスファルトも!

 
20140101running.jpg

posted by 学 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 地に足つけて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック