注)記事の日付は太陰暦を用いております

2004年07月29日

巣を張る

水無月十三日 雨去って
 台風雲が西へ西へ流れて、日の沈む前の南空には白い入道雲が顔をのぞかせた。ふと軒下からするするすると下りる黒い影。ひと雨去ってさあ飯でも捕まえるかといった様子で、一匹の蜘蛛が上下左右に巣を作りあげていく。まったく驚くべき速さである。ファインダー越しにチャンスを窺うが、とてもじゃないが捕えられない。

 雨上がりの空を望む軒下に……         
 040729kumo1

 そこだ!! 
 040729kumo2

 明日には、立派な餌場が完成していることだろう。
posted by 学 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック