注)記事の日付は太陰暦を用いております

2007年04月17日

掃討作戦

弥生一日 曇り時々雨

 菜の花が農園の畑に咲き乱れて数週間、黄色に広がる帯は畑の風物詩となっていた。自然農に触れて初めて知ったことは数知れないが、菜の花もその内の一つである。

 白菜、キャベツ、小松菜、水菜、タアサイ、野沢菜、チンゲンサイ、はたまたカブに至るまで、これみなアブラナ科の植物。これらアブラナ科の植物は、菜っ葉のうちに食べているので普段はなかなか気づかないのだが、人間がいずれは子供を授かるように、当然花をつけて種を残そうとするのである。つまりは、みな、アブラナとして、同じように「菜の花」を咲かせるのだ。


 @070407komatsuna A070407mana B070407mizuna
 C070407nozawa D070407taasai

 @小松菜 A真菜 B水菜 C野沢菜 Dタアサイ …違いわかる?


 ぱっと見ても、区別しがたいほどに鮮やかに黄色く匂いたつ菜の花たちには、見事に遺伝子の不思議さを感じさせられてしまう。

 花をつけて種が出来るとなれば、やはり自家採種したいのが百姓の性であるが、そうは問屋が卸さない。アブラナ科の野菜は、ミツバチなど昆虫によって受粉する性質をもち、その多くは交雑して、次の世代の野菜たちは異種混合のハーフの子になってしまうのだという。つまりはチンゲンサイと水菜のMIXや、白菜とカブのMIXなど、安定した種類の野菜の種を望むのは難しいらしいのだ。交配を一手に担う、ミツバチの飛来距離を甘く見てはいけないのである。


 さて、つくし農園の畑にもう一度目を向けると、一面に咲く菜の花たちを尻目に青々と元気に葉を茂らせる一群が目に入る。遅蒔きして今の時期に盛りを増す小松菜の一群だ。ここの土地との相性も良かったようで、葉の育ち方も他を圧倒して元気が良い。つまりは、この小松菜の種を採ることが出来れば、つくし農園に適した小松菜の種を手に入れられるかもしれないということではなかろうか。善は急げ。そう、交雑は待ってくれない。今まさに、蕾を伸ばし始めるこの小松菜が開花する前に農園の菜の花を刈ってしまえば、他と交雑することなく良質の種を手に入れることができる。
 そう判断したインチキ百姓は、農園に散らばる可憐な菜の花の区画のプレーヤーに協力を仰いで、週末から菜の花掃討作戦を慣行中です。このあまりにも人間本位な試みに、自然はいかなる判断を下すのか。しかし、それが農業という、人類の背負った巨大な「業」でもあるのだな。
posted by 学 at 23:00| Comment(7) | TrackBack(1) | 自然農のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水菜しかわかりません。
つくし小松菜、できたらいいですね。
Posted by yama at 2007年04月19日 12:41
ああああああ。
そんなねえ、ムリだよ。
白菜なんてさ、離島で作ってんだよ、タネ。
でないとさ、葉っぱが巻く白菜の血筋は、守れないらしい。
厳重管理で、1品種ごとに、島を換えて、ね。
・・ま、モノはためしなら、いいけどね。
それとね、刈ったお花は、どれも食べれるよ。
はっきり言って、すごく旨い。先端のとこだけだけどね。
つぼみくらいのほうが、いいけど、開き切ったのでもOK。
なまくら包丁でもラクに切れるところより上だけを、塩茹でして、おひたしに。
Posted by ほほほ at 2007年04月20日 00:11
花、食べてまーす♪さっくりモグモグと。美味いですなあ〜。おひたし、最高ですなあ。おおっとヨダレが。そして酒が♪

ここは既に離島ではないし、巻き巻き小松菜でも試す勢いで、やってみます。その神秘、じつは楽しみかも。

しかしそんな情報と社会が確立していない近代以前、どうやって日本人(かつ世界の人々)は固定の種別の種をそんなに厳密に存続しえたのでしょうか?その偉大なる知恵に興味がわく今日この頃です。

>yamaさん
ということで成否はともかく、次の種の様子を待つくらいの気長な戦法で自然の摂理を楽しんで見ましょう〜。さてさて♪



Posted by インチキ at 2007年04月20日 00:38
そうですね。難しいのでしょうね。
キウイの木には雄と雌があって、どちらかだけでは実を結ばないようですが、2Kmぐらい離れていても結実するようです。
つくし農園から2km四方にある菜の花をこっそり切り落としてしまうとか(笑)。
Posted by yama at 2007年04月20日 22:27
yamaさんいいねー。
つくし農園存亡をかけてやってみてもいいかも(笑)。
キウイの話は、驚きました。なんだかロマンチックにも思えてきますね。
Posted by インチキ at 2007年04月21日 00:57
”日本有機農業研究会の「土と健康」の3月号に、農水省が農家の登録品種自家増殖の原則禁止を打ち出してきた、という記事がでています。自家採種をしたいと思っている人には、致命的な法律が成立しそうです。
記事によると、今は自家採種禁止品種(現在81種)がリスト化されていますが、今後自家採種は原則禁止で、逆に自家採種容認品種をリスト化するらしいです。そして、罰則を厳しくして(10年以下の懲役および1000万円以下の罰金)、違反者を摘発する「品種保護Gメン」を増員するそうです。
種苗会社が開発して登録した品種のほかにも、在来種でも、遺伝子解析して特許を取ったものは保護の対象になるそうです。”

品種保護Gメン(笑)?遺伝子組み換え-米国-圧力ってところでしょうか。そろそろ本格的な種子戦争が始まるのかも。
Posted by sato at 2007年04月22日 15:21
>satoさん
「自家採種禁止品種」について、少し調べています。私は結構のん気なほうですのであまり扇動的な(左翼的な?)記事には慎重に反応するよう心がけるようにしたいのですが、近いうちに自分なりの考えをまとめてみたいと思います。

色々根が深そうでもあり、あんがいそうでもなさそうだったり。腰をすえて考えてみます。
Posted by インチキ at 2007年04月25日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: アブラナアブラナ科生物の分類|分類界:  植物界門:  被子植物門綱:  双子葉植物綱 目:  フウチョウソウ目科:  アブラナ科属:  アブラナ属学名Brassica rapa var.nippo-..
Weblog: 植物辞典
Tracked: 2007-09-30 07:27