注)記事の日付は太陰暦を用いております

2007年04月18日

ほやほやと

弥生二日 曇りのち雨

 本日発売の「わしズム」を読みながら、安ワインを飲む。前日に炊いた古代米とネギを炒めてチャーハンにして、摘んだ菜の花と豆腐の味噌汁を夕餉に晩酌をすする。

 結婚論の特集が、酔った頭にほやほやと染み入る。一人では生きられないが、二人でなら生きられるのか?子供は?親は?ジジババは?孫は?墓は?俺は?あなたは?

 さて、朝には上がるらしい雨の後には、また種蒔きの一日。


posted by 学 at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わしズム、面白そうね。

菜の花と豆腐の味噌汁、おいしそうね。

結婚か。
一人でも生きられるけど、
二人の方が悲しいことも、楽しいことも、分かち合える。
私にとっては、そういうことかな。単純です。

Posted by kazzy at 2007年04月20日 03:02
kazzy、いやん。ごちそうさま♪

今日はタカキビの麻婆豆腐、摘み菜とワカメの酢の物を作りました。適当料理って楽しいね。ごちそうさま。

早くロトを当ててください。
Posted by インチキ at 2007年04月21日 00:55
ムムッ、またしても美味しそう。

ロト、今週も駄目でした。
来週もまた、頑張ります。


夢は追い続けるわ。
Posted by kazzy at 2007年04月21日 02:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。