注)記事の日付は太陰暦を用いております

2014年11月12日

真ん中

閏長月廿日 曇り

 自然農ライフ。

 いったいなんのことやら。種を蒔き、草を刈り、収穫して、お裾分けする。
 時に人を招き、体を動かし、話し、思う。起きて、食って、歩いて、仕事して、愛して、呑んで、寝る。
 それだけのことだ。いや、それだけのことか?

 この日々の真ん中には何があるのか。

141108kabu.jpg

 今月、10月いっぱい販売に明け暮れた枝豆の集中月間が過ぎ、気がつけば稲刈りも、来春の作付けも、思うようにままならない。じゃがいもや枝豆を喜んでいただけた方々に、得難い感謝を覚え、もっともっと自然農の「美味しさ」を届けてみたいと望む自分。畑を見れば、里芋、生姜、菊芋、アピオス、小豆、旬の味覚が今や遅しと収穫、販売を待ち望んでいるように映る。

 自然農の晩秋は短い。11月は文字通りあっという間に進み、気が付けば、ソラマメもエンドウマメも麦も、種蒔きできる時期が終わりへと差し掛かろうとしている。枝豆の販売を機に、月に数度の定期的な直売ができるようなご縁に恵まれた。作物は畑にあるので、随時収穫していけば定期的な直売も継続できる。しかし。


 しかし、直売を11月も継続することでお客さんへの信頼度を深めようと提案してくれる妻に対して、小生は、畑を優先することを選んだ。今の作業濃度を考えれば、収穫と種蒔きを同時に進めることはできない。定期的な直売を継続するための収穫作業を進めれば、播種作業に手が回らない。この時期の播種を逃せば、来春の販売作物の収量が大きく損なわれる。それは、百姓にとっては、本末転倒に他ならない。さらに、そこに稲刈りのタイムリミットも重なってきている。かろうじて、里芋や生姜など、畑で出荷に備えている作物たちは、まだ霜の降りていない土の中で待ってくれている。播種期のハイシーズンが終わりを迎える11月下旬から収穫したとしても、それから直売できるのだ。

 だから、11月は直売を休んで、種まきに明け暮れたい。



 ともすれば、いったい野菜なんか売って何の意味があるのだろうか、なんて考えないこともない。買ってくれる人からすれば、自然農だって有機農だって慣行農(普通栽培)だって大した違いはないかもしれない。そうだとすれば、もっと効率よくたくさん育ててたくさん売って、それで収益を上げることだって意味があるのかもしれない。

 でもやっぱり、嫌なんだよね。

 自分にとっては、無肥料で、無農薬で、不耕起で、手作業で、収穫のためだけの農業ではない、自然農でないと、意味がない。そして、そのエゴを、商品として押し付けていることにもなる。

 それでいいのか?と自問しながら。
 それでいいだろ?と自答しながら。

 田んぼには、稲刈りを待つ稲が。
 畑には、収穫を待つ里芋が、カブが、大豆が。

 そして己の真ん中には、自然農の日々を楽しむ自分が。
 
141108satoimo.jpg
 そんな毎日の自然農ライフです。




 さりとて、いつでもお届けする準備はできている!
 それはそれなのである(笑)。
14satoimo_ban.jpg
秋冬だより【雑草屋本舗】



posted by 学 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地に足つけて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。