注)記事の日付は太陰暦を用いております

2004年08月06日

磯に遊ぶ

水無月二十一日 晴れ @小名浜
 小名浜は、その昔は砂浜の伸びる漁民の郷であったが、明治維新からの工業化を経て日本を代表する工業港を抱える町へと変わってきた。今では小名浜の海岸線はほぼ全て護岸工事によってコンクリートの要塞と化し、砂浜の面影はない。
 自分の子供の頃から小名浜の海は砂浜ではなく、工業港と、僅かに残った岬の磯である。今日は子供の頃の夏を思い出して、磯へ降りてきた。もちろん磯は夏休みの家族連れで賑わい、クロンボ小僧はカニを追いかけ、熟練老師は波に浮かんで貝を獲る。

 
 040806iso2
 三崎公園の潮見台より海を臨む

 040806iso1
 海草にむせぶ小名浜の磯
posted by 学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 故郷の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック