注)記事の日付は太陰暦を用いております

2004年08月11日

残暑の色

水無月二十六日 晴れ
 四日前の立秋からは、残暑見舞いが行き交う頃となる。土に馴染む生活をするまでは、僕はこの「残暑」というウソ臭い言葉に不信感さえ抱いていた。いったいぜんたいこのクソ暑い時期を「残りの暑さ」と言うのはどういうことだ、と。それが今日、立秋を過ぎて畑に立った時に、素直に「残暑」を感じることができた。いったいなぜだ?
 田畑での作業は、良くも悪くも常にひと月先ふた月先を頭に描いて行われる。それは単純に30日後、60日後にするべき作業というイメージではなく、暑さ、雨、陽の長さ、草の種類、つまりは季節の感覚をダイレクトに伴うイメージとなる。常に、である。今日感じたことはまさにそれであった。
 来月はもう9月であり、それは秋が匂い立つ頃じゃないか。ああ、そうか。今はもう、秋への序章に居るんだ。この暑さの行き先は、すぐそこに見えてるんだ。これが「残暑」の感覚なのか。なるほど、7月の頃の先の見えない暑さではなく、先の見える暑さ、これを先人は親しみと憎たらしさを交えて「残暑」と名づけたのではないかという気がしてくる。
 
 畑仕事の後、大家さんとの雑談の中で素敵な言葉に出会った。「立秋も過ぎるとね、なにかこう、おひさまの色が黄色になりだすわね。」僕が畑で感じた秋の匂いはまさしくその黄色の光だったのかもしれない。
 アスファルトの上には、この色、届いてるだろうか。
posted by 学 at 23:13| Comment(5) | TrackBack(1) | 暦の調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エアコンが入り、コンクリートの家に住み、
毎日は外に出ない。
このような生活では季節感を感じにくい。
会社にいっている時など、特にそうだった。
外にいるのは行き帰りの時間だけ。
ほとんどビルの中。
カラダのバランスがおかしくなりそうだった。


沖縄は今、台風接近中。
台風のエネルギーが強すぎるのか、頭痛がひどい。
これもまた自然なことなのかもしれない。
Posted by イッキ at 2004年08月12日 01:43
北京の夏は暑い。でも夜は不思議と涼しくて外を歩くのも苦にならん。

日本はいいね。四季があって。

と思ってたけど、どの国にもそれなりに「季節」っちゅーか、やはり1年で変化がある。それを俺らが知らないだけ。

ちなみに北京の秋は最高です。もうちょっとやー。
Posted by taka@北京 at 2004年08月12日 02:36
> 「立秋も過ぎるとね、なにかこう、おひさまの色が黄色になりだすわね。」

なるほど。

突然に変わるんじゃなくて、徐々に移り行くものなんだね。

北京の秋のことを、地元の人は「金秋」と呼びます。

マジ最高。

夏の太陽って、黄色じゃなくて白だよね?

白から黄色、黄色から金色へと変わるんですな。

北京行きちー。
Posted by よしはる at 2004年08月16日 13:41
こないだ、毎週近所である、Farmer's Marketに行ってジャガイモ、にんじん、ラズベリーを買ってきたんだ。いつもはスーパーで買うジャガイモやにんじん。採れたてでかつ自然に忠実な方法で栽培された野菜は本当においしいし、料理してても料理の仕方が変わってくるものなんだな、って痛感して学のことを考えたよ。

にんじんは、切っていたときに「ちょっとかじってみよう」って思ってかじったら、そのままでもめちゃ甘くてすごくうまかったし、じゃがいもも、カレーにしてみたらスーパーで売っているのなんかよりも早く柔らかくなって、目を離した隙に煮崩れしやがった。

そろそろラズベリーの季節もおわり。おいらは来週から日本です。9月、会えるのを楽しみにしてます。

Posted by あべつね at 2004年08月22日 02:45
そうだね、夏の光って白だね。
北京は金秋かあ、大陸の秋はまだ知らないなあ。
北京の秋は寒くないの?ちなみに噂では、熊谷は秋がないといわれている。夏が終わったらすぐ冬が来るんだって。
おお、こわい。
Posted by 学 at 2004年08月23日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

無事移行復旧完了
Excerpt: 大学(SFC)のサーバの都合で、アクセス不能となっていた本BLOG(kailua)ですが、livedoorへの移行・普及が無事完了しました。 リンクを張ってくださっている皆さん(トラックバックさ..
Weblog: kailua
Tracked: 2004-08-14 12:08