注)記事の日付は太陰暦を用いております

2005年06月21日

夏、来たれり

皐月十五日 晴れ

 今日から秋分までの三ヶ月間、暑い暑い夏が主役となる。気が付けば7月はもう間近。大学の頃ならもう夏休み直前、そりゃあ暑いがな。
 
 セイタカアワダチソウが、畑に溢れ出して来ている。参ったなあ。昨年と変わってないじゃん。自然農は、一筋縄ではいかねえっす。

 昨年の夏至の頃を読み返すと、ジャガイモの収穫に喜びをあげていた。今年は、、まだまだ花もつけておらんのう。自然農は、一筋縄ではいかねえなあ。

 そろそろ、真昼の土からはムンとする湿った熱気が昇りだす。それは草のある証拠であり、自然農の証拠でもあるのだが、これが昇りだすと昼の農作業は耐えられない拷問となる。朝が心地よい季節になり、海が恋しくなる季節になる。


【夏至】…陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也(暦便覧)
     一年中で一番昼が長い時期であるが、日本の大部分は梅雨の
     時期であり、あまり実感されない。
     花しょうぶや紫陽花などの雨の似合う花が咲く季節である。
     ※読み:ゲシ
     <参考:こよみのページ

posted by 学 at 22:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 暦の調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏至には私の地元でお祭りがあるんだったなー。知る人ぞ知るような変わった人々ばかりが集まる祭りで太鼓を叩いたり踊ったりするのであるが・・。皆さん元気かな。

ほんと雨降らないですね。困った困った。
本来自然農はあんまり水をやるものではないと思うのですが(合ってる?)、水をやらずににはいられないー。雑草を敵としないはずだけどセイタカアワダチソウ(他数種好きじゃない草有)はあんまり好きになれない。
Posted by yoyo at 2005年06月23日 14:53
やっとこちらも雨が降りました。といっても午前中にまた止んでしまいました。梅雨ってもっとシトシト降り続いてくれて全然問題ないのですけどねえ。。。やれやれ。

雑草は、憎みながら愛するという、絶妙な心遣いがポイントかもしれないですねー。
Posted by インチキ at 2005年06月30日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 秋分秋分(しゅうぶん)は二十四節気の1つ。9月23日ごろ。および、この日から寒露までの期間。八月中。天文学では、太陽が秋分点を通過した瞬間、すなわち太陽の視位置|視黄経が180度となった瞬間を秋分と定..
Weblog: 日本の心-四季折々の風情を感じ...
Tracked: 2007-07-28 11:45