注)記事の日付は太陰暦を用いております

2007年09月02日

単純に

文月二十一日 曇り

 停滞などと適当に語呂の良い単語をあてはめてみずに、単純にかえりみれば、何かが足りなかっただけなのだ。

 畑に腰をおろして草を刈る。ただそれだけで、どれほど前に進むことか。9月に入り、ようやくのびのびと農に時間を費やせることになる。副業のためとはいえ、犠牲にしていたものが澱のように溜まっていたようだ。

 なまけるのはいい。逃げずにいれば前には進む。好きなことをやろう。それは毎日の自然農のはずだ。
posted by 学 at 21:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 徒然なる日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9月は、忙しいですえね。
大根、タマネギ、カブ、白菜、ほうれん草、etc。
タマネギの播種は播き時を外さないように。その他は、あせらず遅播きのほうが良いようです。

PS.
オクラはさっと茹でてマヨネーズで食べましたが美味しかったです。
ブルーベリーはブルーベリー酒として仕込みました。出来上がったら味見(毒見)してくださいね。
Posted by yama at 2007年09月03日 18:02
ぐんぐんと葉を広げ幹を伸ばす時期もあれば、見た目にはわからなくともじっと根を広げる時期、つけた実を丸々と太らせるのに専念する時期。人にもいろんな時期があるんでしょうね。そしてそのどれもが必要なものであって。
 自然のリズムと、自分のリズムは同じではないのかもしれないけど、違うからこそできる新たなリズムをまた楽しむのもいいかもしれません。

 たまねぎの播き時っていつですか、yamaさん。

 この1週間、ちょっと忙しく畑に行く時間がなかったので、木曜日の夕方、顔を出すつもりでーす。早速、ダイコンが目を出し始めてます。
Posted by nakayasu at 2007年09月03日 21:24
副業お疲れさまでしたー。

>なまけるのはいい。逃げずにいれば前には進む。好きなことをやろう。

しゅ、集合日行かないとナ…(笑)
この前は日中無理したのがたたって
途中で体調が悪くなってしまって
種蒔きも雑草管理からも逃げてしまいました。

仕事を安定させてから取り組もうと思ってた
つくば自然農スタイル。
見切り発車してしまったかなーと思った時期もあり
ましたが、それはそれでよかったのかもしれません。

なにもしていなくとも、来年はこうしたいという
想いは積み重ねてきているような気がするので、
無駄じゃないですよね?
Posted by sato at 2007年09月04日 22:48
>yamaさん
いよいよ大忙しの嬉しい9月ですね♪
玉葱は今だ成功したことがありません。
今年も球根植えに逃げそうな気配…(笑)。
師匠ご教授ください〜。 

秋播きのタイミングはデリケートなので、
大胆かつ繊細な感性が求められますね。

毒見、いつでも大歓迎します!

>nakayasuさん
今日の夕方?大丈夫ですか?
吹き飛ばされないようにしてくださいよー!

自分のリズムは色々厄介ですが、なるべく
田畑に向かう、というのが自分にとっては
大事なリズムのような気がしてきてます。
単純でいいのかもね。 

>satoさん
無駄なことなどありませーん!!(断言)
全てが積み重なっていきます。
それは全て肥やしになっていきます。

余計に持ち出さず、余計に持ち込まず。
自然農の言葉は、結構奥深いですよね。

楽しみながら、学んでいける。
存在を忘れないでいてあげれば、大丈夫だと思いますよ。
Posted by インチキ at 2007年09月06日 12:43
nakayasuさん。
偉そうな事を書きましたが、種からのタマネギはことごとく失敗しております。たぶん良い苗作りが出来ていないのだと思います。

播種の時期ですが、品種によりますので品種ごとに確認が必要ですが、関東では早生種が9月中旬、中生種、晩生種ともに10月初めと聞きます。
早すぎても遅すぎても、良い苗を作ることが出来ないようです。
農家の方は、経験の積み重ねと、少しの農薬と肥料で良い苗を作るんだと思います。
私たちには、何もありませんが、熱い思いで良い苗作りに挑戦しましょう!
Posted by yama at 2007年09月07日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック